2014/06/27

夏の鎌倉・湘南おすすめ マウンテンバイクでサイクリング!

AllAboutに、新規記事を執筆しました。

◆湘南の風と陽光を浴びながら、海辺をサイクリング!

http://allabout.co.jp/gm/gc/444119/

夏の湘南といえば、やっぱり海! でも、海水浴はあまり好きじゃないという人も多いと思います。

そんな人たちに提案したいのが、海辺のサイクリング。鎌倉から、沖合に「烏帽子岩(えぼしいわ)」の浮かぶ茅ヶ崎のサザンビーチまで、湘南の風と陽光をいっぱいに浴びながら、サイクリングを楽しんでみませんか?

途中、江ノ島の少し先の「鵠沼海浜公園」からは、自転車専用のサイクリングコースも整備されているので、車を気にせず、安心してサイクリングを楽しむことができます。

せっかく、サイクリングを楽しむなら、ママチャリではなく、本格的なMTB(マウンテンバイク)で決めてみませんか?
おすすめのMTBレンタサイクルのお店は、こちら↓

Cr01

GROVE KAMAKURA(ぐろーぶ かまくら)

鵠沼海岸から茅ヶ崎へのサイクリングコースは、こんな感じです! 海辺のサイクリングコース、とっても爽快ですよ。

Cr12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/07/13

真夏の洞窟探検 -横浜市・田谷の洞窟-

7月も10日を過ぎると、もう真夏ですね。
熱中症で亡くなられて方のニュースが流れていました。みなさんも十分お気を付けください。

今日は、こんな暑い季節にぴったりな、ヒンヤリするお話をしましょう。
といっても怪談ではなく、洞窟の話。
洞窟と言えば、鎌倉の周辺では「江ノ島岩屋」が有名ですが、「田谷の洞窟」は、みなさんご存知でしょうか?
 
「田谷の洞窟」は、横浜市栄区の真言宗・定泉寺(じょうせんじ)境内にある地底伽藍。
古墳時代の横穴住居跡を鎌倉時代に修行僧たちが広げていったというこの洞窟は、江戸時代に至るまで適宜拡張され、上下三段、延長1キロという壮大な規模になっています。

定泉寺へは、大船駅からバスで向かいます。
大船駅西口(観音側)より戸塚バスセンター行きに乗り、「洞窟・ラドン温泉前」で下車。

Taya

お寺の境内の洞窟入口(写真)でロウソクを受取り、洞窟内に一歩足を踏み入れると、ヒンヤリとした冷気に触れます。
洞窟内は所々に電球が吊るされており、まったくの暗闇という訳ではありません。
ロウソクにはむしろ、仏様に捧げるお灯明の意味があるようです。
急ぐとロウソクの火が消えてしまいますので、ゆっくりと進みます。

天井は場所によってはとても低く、頭を下げながら歩かなくてはなりません。また岩肌にはところどころ水が染み出ています。

「行者道」と道標が出ているので、これに従って進むと、ときどき広い部屋のような空間に出ます。
本尊の「一願弘法大師」がひときわ大きな部屋にまつられているほか、各部屋には多くの彫刻が岩盤に彫り込まれています。
秩父三十四観音・西国三十三観音・坂東三十三観音の各札所、それに四国八十八カ所巡り霊場の仏様のレリーフが彫られた部屋を次々に通過します。
洞窟内を一周すれば、すべて巡ったのと同じ功徳があるのだそうです。

ある部屋に、こんな素敵な言葉が彫られていましたので、ちょっと紹介したいと思います。

蓮はきたない泥沼に咲く
だけど汚れに染まらないで
美しい花びらを咲かせている
そんな美しい仏性を
みんながもっている
それを信じあおう
それをたがいにみつけあおう

洞窟の最も奥の方、金剛水がしたたり落ちる水辺に奥の院があり、さらにその奥には音無川が流れています。
このあたりは、あたかも映画「オペラ座の怪人」の怪人ファントムが潜む地下迷宮のような雰囲気がありました。

洞窟を出た後、定泉寺裏手にある陶芸と吹きガラスの工房・ギャラリー「陶郷(すえのさと)」にお邪魔するのもおすすめ。
美しい陶器と涼しげなガラス細工が並べられたギャラリーは、高台にあるので涼しく、吹き抜けるやさしい風に戯れるように、風鈴がチリンチリンと心地よい音を奏でています。
こちらでは、吹きガラス体験なども行われています。

その後も、あちこちを散策。
今日は午後から歩きはじめたので、陽の永い季節ですが、帰り道、足元はすでに暗くなり始めていました。
じきに日が暮れるこのくらいの時刻を、フランスの詩人、ポール・デジャルダンは「森はすでに暗く 空はまだ青い」と表現しました。
森の中で空を見上げて、「なるほど」と思いました。

★管理人おすすめ!鎌倉・江ノ島 特選の宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/05

日暮れ前に -逗子、披露山公園より-

07


タイトル:日暮れ前に
場所:披露山公園
時期:2月

披露山は日本のビバリーヒルズとも言われる披露山庭園住宅地(地元ではTBSと呼ばれている)で知られる。
披露山公園の展望台からは、庭園住宅地が真下に見え、その向こうには逗子マリーナや江ノ島が一望できる。
時はすでに夕刻。まだまだ肌寒いけれども、物寂しい冬の向こうに、かすかに春の息遣いを感じることができる夕闇の雲と空。


◆披露山公園
http://hirouyamapark.meisyosyoukai.nomaki.jp/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/10

冬咲のチューリップ

06

タイトル:冬咲のチューリップ
場所:江ノ島 サミュエル・コッキング苑
時期:1月

13種、約15000本のチューリップが咲く、江ノ島 サミュエル・コッキング苑。球根を冷蔵保存し、春の到来を錯覚させて花を咲かせるのだとか。
江島神社への初詣のついでに、ぜひ足をのばしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/02

鎌倉・江の島 七福神めぐり

03

タイトル:七福神めぐり
場所:浄智寺
時期:1月

七福神は非常に縁起の良い神様なので、初詣を兼ねて正月に巡る人が多い。
鎌倉の七福神めぐりのコースは、

・浄智寺(布袋和尚)
・鶴岡八幡宮(弁財天)
・宝戒寺(毘沙門天)
・妙隆寺(寿老人)
・本覚寺(恵比寿)
・長谷寺(大黒天)
・御霊神社(福禄寿)
・江島神社(弁財天)

あれ、一人多い?
そうなんです。弁天様(弁財天)が2人いらっしゃいます。

<参考ページ>
鎌倉・江の島七福神めぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/10

浄土式庭園と曼珠沙華

06


タイトル:浄土式庭園と曼珠沙華
場所:称名寺(金澤文庫)
時期:9月中旬~10月上旬

称名寺は、横浜市金沢区のお寺ですが、以前、私の担当するNHK学園の講座で受講生を案内したところ、美しい浄土式庭園が好評だったので、このブログでも紹介しておきます。
9月は曼珠沙華が咲いていて、おすすめ。
休日は、寺の入口にボランティアのガイドがいて、お願いすれば無料で境内を案内してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/19

岩殿寺の紫陽花

07


タイトル:岩殿寺の紫陽花
場所:岩殿寺
時期:6月下旬~7月上旬

鎌倉のお隣、逗子市のお寺。坂東三十三観音の第二番札所。
寺伝によれば、奈良時代から歴史の続く古刹で、明治時代には泉鏡花がここに逗留し、『春昼』、『草迷宮』などの作品を書いた。
参道両脇に紫陽花が植えられており、初夏、訪れる人々の目を楽しませる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/14

逗子マリーナ、披露山

今日は、4月のNHK学園講座の下見も兼ね、逗子マリーナ、披露山界隈を歩いてきました。

次回の講座は4月の初め。ちょうど桜の季節なので、光明寺の桜を見に行くことにしています。
今日は光明寺にもご挨拶に伺いましたが、もちろん桜はまだ堅い蕾。桜の季節が本当に楽しみですね。

光明寺の後は、鎌倉時代に我が国で初めて造られた人工港・和賀江島を見学しつつ、逗子マリーナに向います。
お目当ては、逗子マリーナのメインレストラン「グランブルーオチアイ」。
こちらは、有名な落合務シェフが料理監修しているイタリアンレストランで、おなじみの海胆(ウニ)のパスタのほか、地元・小坪で獲れたシラスをふんだんに使用した海の幸のパスタなどをいただくことができます。
そして、料理もさることながら、海に面したガラス張りのお店からは水平線まで見渡すことができ、これもこのお店のウリのひとつになっています。
今日は、シラスのパスタをいただきましたが、大変美味しかったです。

お腹一杯になった後は、小坪の漁港を抜け、一路・披露山(ひろうやま)へ。披露山は日本のビバリーヒルズとも言われる披露山庭園住宅地で知られます。このエリアのお宅は広さもさることながら、建物ひとつひとつがとても個性的。緑に包まれ、遠くに海も望むことができる披露山は、田園調布や成城などの都心の高級住宅地とはまた一味違った雰囲気です。

最後は、逗子ナンバーワンの景観を誇る披露山公園へ。展望台に登ると、今歩いてきた庭園住宅地が真下に見え、その向こうには逗子マリーナや江ノ島も見えます。以前、冬に訪れたときは富士山のシルエットも見えましたが、春の靄に包まれ、今日は見ることができませんでした。
時はすでに夕刻。薄闇でも物寂しい冬のそれとは異なり、春は母の胸に抱かれるような優しげな夕闇。
家路につく前に、温泉でも入りに行こうかな!

下の写真は左から、和賀江島、逗子マリーナ、披露山公園の展望台より。

WagaejimaZusiHiroyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/03

ウィンター・ブルー江の島

新年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今日は、江の島の江島神社にお参りに行ってきました。
ついでに、写真をパチリパチリと撮影。青みを帯びた画像で、冬の寒さを表現してみました。題して「ウィンター・ブルー江の島」。

Dsc_0014 Dsc_0017 Dsc_0024
Dsc_0030 Dsc_0038 Dsc_0041

左上から、
・航跡
・サムエル・コッキング苑のチューリップ
・展望灯台
・大海原を往く
・地球は丸い
・ヨットハーバー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/12

春の鎌倉散策

鎌倉では、今日(4/12)から、春の「鎌倉まつり」が始まります。「鎌倉まつり」からゴールデンウィークにかけては、紫陽花や紅葉の時期と並ぶ鎌倉が最もにぎわう時期。私は混雑を避けて、昨日、次回(5月)のNHK学園講座の下見も兼ねて、大町・名越周辺を散策してきました。

Dsc_0116 Dsc_0158 Dsc_0176

今年は桜が遅咲きだったこともあり、もしかすると「鎌倉まつり」まで桜が持つかなとも思いましたが、段葛(だんかずら)へ行ってみると、もうほとんど散っていました。

大町まで歩き、最初に訪れたのが、安国論寺。こちらでは、野点(のだて)が行われていました。ちょうど見頃を迎えた枝垂れ桃の紅白の花。緋色の毛氈と和傘。釜から立ち上る湯気。和服の女性の優美な所作。これぞ日本の美ですね。

安国論寺を後に、次に向ったのは大町の住宅地。この住宅地の奥に、以前から一度行って見たいと思っていたお店があります。住宅地の奥の奥、路地の奥の奥に目指すお店がありました。お店の名前は「3時のおやつ工房」。まるで、おとぎの国の世界にあるようなメルヘンチックな外観のケーキ屋さん。こちらでは手作りクッキーを購入しました。

Dsc_0191 Dsc_0193 Dsc_0217

そして、お昼は安国論寺からほど近い、多国籍料理「ZEBRA」というお店でいただきました。大町という場所は観光エリアではないので、この場所での商売はなかなか難しいと思いますが、このお店はとても繁盛しています。
その秘密は、料理の美味しさと、値段以上の内容。
ランチはパスタセットのみになりますが(塩、トマト、クリームからソースが選べる)、サラダ、パン、パスタ、デザート、飲み物が付いて1,580円。パスタの麺は生麺を使用し、素材やオイルにも相当こだわっています。これで、1,580円なら安い!!

さて午後は、まず新緑の季節、境内の緑と苔の石段も美しい妙法寺(苔寺)に立ち寄った後、名越の切通しからハイランドまでハイキングコースを歩きました。
このコース、半年振りぐらいに歩きましたが、ハイキングコースがとても綺麗に整備され、歩きやすくなっていて驚きました。以前は無かった行き先を示す道標も立てられており、これなら初めて歩く人も迷わなくて済みますね。このエリアは逗子市になりますが、逗子市の行政に対してハイカーを代表して感謝したいと思います。

Dsc_0226 Dsc_0234 Dsc_0243

最後は、ハイランドのパノラマ台に登ってみました。雄大な景色と涼やかな春の風。新しい緑に包まれた衣張山が間近に見え最高に気持ちよかった!
夜はどこで呑もうかなと考えながら、夕暮れの山道を下山しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)