2018/06/30

温泉!暑い季節の鎌倉・江ノ島散歩の後に

暑い季節の鎌倉・江ノ島観光。散歩で汗をかいた後は、温泉に入ってサッパリしたいですね!

28174006732

鎌倉・江ノ島にも、数こそ少ないものの天然温泉に入ることができる施設があります。

また、天然温泉ではないものの、とっておきのお風呂に入ることができる老舗旅館もあるので、あわせてご紹介します。

■AllAbout記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/23

江の島の台風被害が深刻

鎌倉ではなく、お隣の江の島の話題ですが、台風の被害が深刻です。

Kaidan

江の島は、島自体が観光名所ですが、中でも展望灯台「シーキャンドル」や「サムエル・コッキング苑」と並ぶ人気スポットとして挙げられるのが、「岩屋洞窟」。

波の浸食によってできた海蝕洞窟で、第一岩屋と第二岩屋という2つの洞窟があります。

10月に日本列島を直撃した台風21号により、大きな被害を受けたのが、この岩屋洞窟。

台風直撃時に高潮が重なったこともあり、洞窟の奥まで波が入り込み、現在、洞窟内に土砂やゴミが堆積にており、復旧には莫大な予算がかかるそうです。

また、付帯施設である通路や岩場におりる階段も被害を受けています。

被害の状況と今後の工事の予定などについては、先日、藤沢市にインタビューし、東洋経済に書いた、こちらの記事をご覧ください。

「江の島」台風被害は観光に打撃を与えている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/13

鎌倉・江ノ島で買うべき、お土産は?

08


観光地に行くと、必ず迷うのが、お土産。

いろいろありすぎて、何を買っていいのやら?

失敗しないお土産選びのコツは、みんなが買っている定番のものを選ぶこと。

というわけで、鎌倉・江ノ島の定番の「お菓子」10選をまとめてみました。

ベタだけど安心! 鎌倉・江ノ島の定番の「お菓子」10選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/01

冬は、江ノ島へ!

鎌倉の紅葉は、多くの場所で12月上旬までが見頃。

紅葉が一段落すると、次は、クリスマスということになりますが、

意外なことに?鎌倉は、クリスマスっぽいイベントがありません。

そこでおすすめしているのが、江ノ島のライトアップや、クリスマスイベント。

Addeno06


江ノ島のライトアップイベント『湘南の宝石』は、11月29日~すでに始まっています。

ライトアップだけでなく、絶景を楽しめるのも冬の江ノ島の魅力。

↓冬の江ノ島の歩き方についての記事を書きましたので、参考になさってください。

冬こそ江ノ島! 冬は絶景・イベント盛りだくさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/11

江ノ島のおすすめ観光名所記事を書きました

江ノ島のおすすめの観光スポットを、5位~1位までのランキング形式で紹介する記事をAllAboutに執筆しました。

◆はじめての江ノ島 おすすめ観光名所ベスト5
http://allabout.co.jp/gm/gc/445772/

お盆休み、どこへ行こうか迷っている方、「えのすい」こと、新江ノ島水族館なら、涼しくイベントやプログラムを楽しむことができて、おすすめですよ。

Eno07

相模湾大水槽

 

Eno19

イルカショー「ドルフェリア」

 

8月末までは、江ノ島の夏の恒例イベントとなっている「江の島 灯籠」も開催中です。

記事で紹介している江の島の観光スポットは以下のとおりです。

◇第5位 稚児ヶ淵
◇第4位 龍恋の鐘
◇第3位 江島神社と岩屋洞窟
◇第2位 新江ノ島水族館(えのすい)
◇第1位 江の島シーキャンドル | 江の島サムエル・コッキング苑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/08

江の島 灯籠

昨日は、江ノ島の夏の恒例イベントとなっている「江の島 灯籠」を見に行ってきました。
「江の島 サムエル・コッキング苑」や江島神社参道を中心に、島全体に配された灯籠に、日暮れとともに灯がともされ、幻想的な夏の夜が演出されます。

S0823091
江島神社 中津宮

写真撮影のおすすめ場所は、サムエル・コッキング苑を出て、道をはさんで反対側の公園。シーキャンドル(展望灯台)が、バッチリ写ります。

S0773085

サムエル・コッキング苑内には、江の島に伝わる伝説「天女と五頭龍の物語」が描かれた灯籠もありました。

S0733080

8月末までやっているので、ぜひ見に行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/27

夏の鎌倉・湘南おすすめ マウンテンバイクでサイクリング!

AllAboutに、新規記事を執筆しました。

◆湘南の風と陽光を浴びながら、海辺をサイクリング!

http://allabout.co.jp/gm/gc/444119/

夏の湘南といえば、やっぱり海! でも、海水浴はあまり好きじゃないという人も多いと思います。

そんな人たちに提案したいのが、海辺のサイクリング。鎌倉から、沖合に「烏帽子岩(えぼしいわ)」の浮かぶ茅ヶ崎のサザンビーチまで、湘南の風と陽光をいっぱいに浴びながら、サイクリングを楽しんでみませんか?

途中、江ノ島の少し先の「鵠沼海浜公園」からは、自転車専用のサイクリングコースも整備されているので、車を気にせず、安心してサイクリングを楽しむことができます。

せっかく、サイクリングを楽しむなら、ママチャリではなく、本格的なMTB(マウンテンバイク)で決めてみませんか?
おすすめのMTBレンタサイクルのお店は、こちら↓

Cr01

GROVE KAMAKURA(ぐろーぶ かまくら)

鵠沼海岸から茅ヶ崎へのサイクリングコースは、こんな感じです! 海辺のサイクリングコース、とっても爽快ですよ。

Cr12

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/28

AllAboutに、冬の江ノ島の記事掲載

1月から記事の執筆を担当しているAllAboutの「鎌倉・江ノ島の観光・旅行」のコーナーに、冬の江ノ島の見所を紹介する記事を掲載しました。

冬こそ江ノ島! 冬は絶景・イベント盛りだくさん

なんとなく、江ノ島というと「海」のイメージがあるので、冬は観光オフシーズンと思われがちですが、その分、イベントをいろいろやって盛り上げようとしているので、近年は、むしろ「江ノ島は冬が楽しい!」という感じがします。

たとえば、

Lightup

江の島展望灯台(江の島シーキャッスル)のイルミネーション。

南洋植物まで、キラキラ輝いて、ゴージャスですねー^^

他にも、冬ならではの絶景などもご紹介しているので、ぜひご覧になってください。

インターネットで、江ノ島を紹介する場合、「江ノ島」「江の島」「江島」など、いろいろな表記があるので、大変です。

江ノ電、小田急の駅 → 江ノ島

地名、湘南モノレールの駅、多くの観光施設 → 江の島

神社の名前 → 江島神社

まあ、無理に変えたり、統一したりする必要はないと思いますけど、SEO(サーチエンジン最適化)の観点からは、なかなか大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/21

本日よりAll About(オールアバウト)の鎌倉・江ノ島を担当します

本日より、All About(オールアバウト)の鎌倉・江ノ島の観光・旅行の記事を執筆担当することになりました。

http://allabout.co.jp/gm/gp/1549/

オールアバウトは、かなりの数の方がご覧になるでしょうから、責任が重いですね。。(笑)

とりあえず、4本ほど、記事を執筆してますので、お時間のあるときに、ぜひご覧ください。

はじめての鎌倉 おすすめ観光名所ベスト5

鎌倉初心者向けに、おすすめの観光名所を5ヶ所、選んでご紹介しています。

鎌倉・江ノ島へ 最安ルートとおトクな切符情報 

実は、こんなルートでこんな切符を買うと、鎌倉・江ノ島旅行がおトクで便利! という情報を整理してみました。ぜひご参考に。

鎌倉の洋館、古民家を蘇らせた、こだわりのレストラン

古民家レストランがちょっとしたブームですが、鎌倉でオススメ度の高い、洋館・古民家を改装して営業しているレストランをご案内しています。

冬の鎌倉・江ノ島 梅の名所めぐりとイベント情報

冬は観光シーズンではないと思う方が多いと思いますが、冬だからこその、鎌倉・江ノ島の楽しみ方、イベントなどもありますので、記事を参考にお出かけください!

基本的なスタンスとしては、鎌倉・江ノ島の上質な旅情報を提供していきたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/18

湘南の宝石 江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)ライトアップ

江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)のライトアップイベント、「湘南の宝石」に一昨日行ってきました。

すごい電飾の数!!!
灯台だけでなく、江の島全体で、あちこちが飾り付けられています。

とってもきれいですけど、ここまですごいと、幻想的というのを通り越して、ディズニーランドのパレードみたいです^^

「湘南の宝石」は、2014年2月2日(日)、まで行われています。

S0071008


S0021002


江の島シーキャンドル(展望灯台)ホームページ

★管理人おすすめ!鎌倉・江ノ島 特選の宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)