2019/04/11

ゴールデンウィークに向けて「はじめての鎌倉…」記事を更新

5年くらい前にAll Aboutに執筆し、今も多くの方に読んでいただけている「はじめての鎌倉」記事をGWに向けて、内容を大幅に更新しました!

Dsc_2150

内容はコンパクトですが、一般的なガイドブックには書かれてない観点を盛り込めていると自負しています。

はじめての鎌倉観光 おすすめ名所10選

| | コメント (0)

2019/02/21

村岡新駅と深沢の開発

東海道線の大船駅~藤沢駅間に、かねて設置構想がある村岡新駅。

Muraoka
昨年末あたりから、急速に話が進展したように感じますが、そのウラ事情などを取材してみました。
新駅を中心に村岡(藤沢市)、深沢(鎌倉市)の街づくりが計画されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/29

お正月に手に入れたい鎌倉のお守りを紹介する記事

Summery2
お正月に手に入れたい鎌倉のお守りを紹介する記事を2019年版に更新しました。
こうして見ると、本当に様々なお守りがあって、驚かされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/20

時にはこんな旅の夜 江ノ島、鶴見、鎌倉

監修を担当させていただいた冊子『マイウェイ』108号(はまぎん産業文化振興財団)が、12月25日から、横浜銀行の各店舗のロビーに配架される予定です。
01
今まで雑誌やウェブの特集や個別の記事の監修の経験はありますが、1冊丸ごと監修というのは初めてなのでうれしいです^^
テーマは「時にはこんな旅の夜」。
ほかでは味わえない、「特別な一夜」が過ごせる場所として、新江ノ島水族館の「海月(くらげ)の夜」、鶴見の總持寺の「坐禅の夜」、鎌倉のゲストハウス「彩(いろどり)」の「鎌倉武士の夜」を取材・紹介させていただきました。
ぜひ、手にとってご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/09

鎌倉・江の島 夏の祭・イベントと花

鎌倉・江の島の夏のイベントや花などの見どころをまとめて記事にしてみました。
Dsc_4078

今年は、思い切り天候不順なので、花の開花時期などの案内が大変です…。

夏の鎌倉・江の島のイベントや祭と季節を彩る花めぐり

https://allabout.co.jp/gm/gc/445002/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/30

温泉!暑い季節の鎌倉・江ノ島散歩の後に

暑い季節の鎌倉・江ノ島観光。散歩で汗をかいた後は、温泉に入ってサッパリしたいですね!

28174006732

鎌倉・江ノ島にも、数こそ少ないものの天然温泉に入ることができる施設があります。

また、天然温泉ではないものの、とっておきのお風呂に入ることができる老舗旅館もあるので、あわせてご紹介します。

■AllAbout記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

日比谷花壇大船フラワーセンター

4月1日にリニューアルオープンした「日比谷花壇大船フラワーセンター」に出かけてきました。

現在、フジとボタンが見頃。

30739119_1975714832500108_600034032
30724339_1975714819166776_858140348

シャクヤクは徐々に花が開きはじめているものもあり、来週以降に見頃になりそうです。

30704941_1975714869166771_798908479

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/10

『鎌倉ペンクラブ 会報』にエッセイが掲載されました

『鎌倉ペンクラブ 会報』第18号に、「NHK出演とトランプ大統領狂想曲」と題するエッセイを寄稿し、掲載いただきました。

Kamakurapen

昨年12月に"紅葉"のゲスト講師として、NHKの生放送番組『ごごナマ』に出演させていただいたときの、あれこれについて書かせていただきました。

会報ですので、書店に並ぶ訳ではありませんが、書いたものが活字になるのは、うれしいですね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/06

「観光マイカー課金」と江ノ電優先乗車の実験は、どのように進められるか

本年もよろしくお願いいたします。

鎌倉は、海と山に囲まれた狭隘(きょうあい)な地形であり、そこに観光目的の大量のマイカーが進入するため、慢性的な交通渋滞が問題になっています。

07

また、藤沢と鎌倉を結ぶ江ノ電は沿線住民の重要な足ですが、こちらも特にゴールデンウィークやアジサイの時期などは、乗車するまでに長い行列ができるなど、市民生活に影響が出ています。

こうした問題については、以前から対策が検討されてきましたが、昨年は、大きな進展がありました。

まず、ゴールデンウィーク期間中の5月6日には、江ノ電において、予め発行した証明書を持っている沿線住民を優先乗車させる社会実験が行われました。ただし、当日、天候が良くなかったこともあり、行列ができなかったため、実験自体は空振りに終わりました。

また、9月には、国土交通省が公募した観光地における渋滞緩和を目的とする「観光交通イノベーション地域」に京都市と並んで選ばれ、今後、エリア内の一般道を走行する自動車に対して課金する仕組み「観光マイカー課金」導入が検討されることが発表されました。

2018年は、これら2つの取り組みにおいて重要な年になりそうです。具体的にどのように進められるのかについて、鎌倉市の松尾市長にインタビューしてきました。

◆鎌倉市民が悩む「観光渋滞」は解消できるか -江ノ電実証実験や観光マイカー課金も実施へ-

http://toyokeizai.net/articles/-/203497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/26

鎌倉の、また泊まりたくなる小さな宿

以前、All Aboutに執筆した、鎌倉のセンスのいい小さな宿の特集記事をリライトして再掲載したところ、大きな反響があって驚いています。

紹介させて頂いているのは、「小坪海岸 凛花」「Villa Sacra」「鎌倉ゲストハウス」の3つの宿で、いずれもオーナーの思いが込められた素晴らしい宿です。

Rinka01

↓記事は、こちらです
鎌倉の「また泊まりたくなる」センスのいい宿3選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧