-天気予報コム-

2014/10/05

テレビって

今日の午後、台風が迫っているのに、ゴルフ中継してるNHKを見て、思い浮かんだ話。

20年後、骨董品となったテレビを眺めながらの、孫との会話…。

俺:昔は、みんなこれを見てたんじゃよ。

孫:これって、どうやって情報検索するの?

俺:テレビはな、メディアが作った番組を受信するだけで、情報の検索はできないんじゃよ。

孫:それって、みんな受動的に画一的な内容の番組を見せられてたってこと?

俺:そうじゃな。

孫:昔の人って、みんなバカだったの?

俺:………

必要なときに必要な情報を主体的に得られるネットになれてきた今、一方的なダウンストリームに精神的限界を感じ始めてます。

2014/08/26

河瀬監督、「日本文化を売り出す人が少ない」

「萌の朱雀」などの作品で知られる、河瀬直美監督の最新作ができたそうです。
この人の作品、精神性、芸術性に優れてるけど、メッセージが抽象的すぎるというか、もう少しわかりやすい語り口でもいいんじゃないかなー、ってずっと思ってました。
たぶん、IQが高すぎるんだろうな。周りがなかなか追いつけない^^
最新作は、今までの作品に比べ、セリフが増えるなどしたとのこと。

最新作『2つ目の窓』

http://toyokeizai.net/articles/-/44268

2014/02/01

2014年のキーワードは、「本質への回帰」

2014年も早いもので、1ヶ月が過ぎました。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

私自身のことを書くと、「鎌倉」に関しては、個人で運営している鎌倉の観光ガイドサイト『鎌倉紀行』が11年目に突入。
おかげさまで、観光シーズンなどアクセス数の多い日には、1日に2万PV(ページビュー)も見ていただいているサイトに成長しました。

また、今年から新しく始めたのが、AllAbout(オールアバウト)の『鎌倉・江ノ島の観光・旅行』コーナーの記事の執筆。
AllAboutのような有名なメディアで記事を書かせていただけるというのは、本当に幸せなことだと思います。

さて、今年、世の中に向かって、情報を発信していく中で、私が目指したいことを少々書かせていただきますと、キーワードは「本質への回帰」というものです。

昨今、視聴者のテレビ離れということが言われていますよね。
まず、エリート層は、あきらかにテレビを情報源として見做していないし、インターネット世代の若者は、よほど面白い番組でもなければ、テレビなんか見向きもしない。
娯楽という意味では、オンラインゲームのほうが楽しいし、情報もスマホでチャチャっと検索できるのですから、当たり前かもしれません。

しかし、世の中の人々がテレビなどの既存メディアから離れていっている、より本質的な原因は、そこに「本質的な情報がない」というのが、一番の原因ではないでしょうか。
バラエティー番組に飽きた視聴者が、情報番組に流れているのに気づかずに、バラエティーを垂れ流し続けるフジテレビの凋落
ろくに取材をせず、人の書いたものをコピペして記事に仕上げる雑誌記者。

旅行雑誌を見ても、紙面のほとんどが、グルメとお土産情報という惨状。しかも、お店やシェフの来歴などが紹介されていればまだしも、料理やスィーツの写真がのっていて、「フワッフワ ジューシィー」などの言葉が踊るばかり。
本来の主役であるはずの、文化財や観光名所の情報が肩身を狭くしてるのって、おかしくないですか?

結論を言えば、テレビの視聴者にしろ、雑誌の読者にしろ、もっと本質的なもの、洗練されたものを求めているのではないかと思うわけです。
きちんとした大人が、見たり読んだりしても楽しいと思えるものが、あまりにも少ない!

目先の視聴率を気にしなければ成り立たないテレビや、広告主の顔色をうかがわなければならない雑誌メディアが、急に方向転換をできないのなら、インターネットメディアがその先頭に立つくらいの意識でがんばらなければダメですよね。

もちろん、インターネット上の情報は、まだまだ玉石混ざり合った状態。それを磨いていく作業に、世の中の人全員がかかわることができるというのが、インターネットの特性だと思います。

2009/09/16

テレビ東京 火曜エンタテイメント

シルバーウィーク中に放送するテレビ東京の番組で、私が撮影した鎌倉の萩の写真をお使いになるそうです。

テレビ東京 火曜エンタテイメント
「明日行きたい!人気の日帰りスポット&回転寿司」
9月22日(火)よる7:00放送

2009/06/06

本日放送の「もしもツアーズ」に出演します。

本日、6/6(土)放送の「もしもツアーズ」(フジテレビ 18:30~)に、鎌倉の案内役として出演します。

テーマは、「あじさいを見に来たら絶対買いたい食べたい鎌倉ツアー」。ゲストは、モデルのRIKACOさんと、ハリセンボンの春菜さん。

普段、テレビや雑誌では紹介されないような穴場のお店も紹介していますので、ぜひご覧になってくださいね。

「もしもツアーズ」ホームページ

2009/05/21

もしもツアーズ撮影

昨日は、フジテレビの「もしもツアーズ」の鎌倉案内人役を依頼されたので、その撮影に行ってきました。
オンエアは、6月6日だそうです。内容は見てのお楽しみ。

昨日は、とにかく暑かったですね。鎌倉は27度。もう、泳げるんじゃないかという位の暑さ。
女性のタレントさんたちは、日焼け対策とか大変だろうなと思いますね。

撮影終了後、今年3月にオープンしたばかりの、「鎌倉オルゴール堂」に行ってみました。メリーゴーランドのようなオルゴールや、宝石箱タイプのオルゴールなど素敵なオルゴールがたくさん並んでいました。
値段も、2000円前後のものが多く、そんなに高くありません。また、鎌倉のお土産グッズがひとつ増えました。

2008/05/15

TVチャンピオン2 「鎌倉王選手権」放送

私も出場した、TVチャンピオン2「鎌倉王選手権」が本日放送されました。
私は「人気HP仕掛け人」という肩書きで紹介されていました。結構気に入っています^^

結果は、私は3位でした。
お寺、歴史、ハイキングコースのことなら自信があるのですが、やっぱり食べ物の問題はちょっと苦手です。。。

優勝の南さん、準優勝の井上さんに拍手。

2007/02/11

李香蘭

2夜連続ドラマスペシャル『李香蘭』第一夜見ました。
暗い夜のような時代の中にあって、儚く咲く一輪の花、といったとこでしょうか。

李香蘭こと山口淑子さんは、鎌倉にも住んでいたことがあります。

山口淑子は、画家のイサム・ノグチと一時結婚していて、北鎌倉の山崎に居を構えていた北大路魯山人と一年あまり共同生活を送ったそうです。ドラマではそこまで描かれるのか分かりませんが。
場所は現在の山崎小学校のあたりです。

[参考URL]
山口淑子

イサム・ノグチ

北大路魯山人星岡窯

2006/12/16

湘南を舞台にした映画

先日、『ロケーションジャパン』という、映画や雑誌の舞台となった地域を紹介する雑誌のサイトに鎌倉の写真を何点か提供させて頂きました。

その後、担当の方から『ロケーションジャパン16号』で湘南を特集したということで、その雑誌をお送り頂いたのですが、湘南を舞台にした映画や雑誌ってたくさんあるんですね。
雑誌で紹介されていたのは『太陽の季節』に始まり、『狂った果実』、『俺たちの朝』、『タイヨウのうた』、『サヨナラCOLOR』、『ピンポン』など。

記事を読んでいろいろ発見もありました。

江ノ電はよくドラマなどにも登場しますが、一度廃線が決まったことがあって、ドラマ『俺たちの朝』で人気が出て、人が集まるようになったので廃線を免れた、なんてこともあったのだそうです。

あと、10年近く前に、役所広司と黒木瞳が主演して話題になった映画『失楽園』にも鎌倉登場したらしいですね。映画の中で不倫の2人が逢瀬を重ねる場所として登場したのが鎌倉プリンスホテルだったのだそうです(う~ん、そうだったんだ)。

2006/06/12

『下妻物語』と牛久大仏

先日、劇場で見た『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督 2006年)で、私はすっかり中島ワールドの虜になってしまいました。そこで、早速TUTAYAで、同じく中島監督作品の『下妻物語』(2004年)を借りてきて見てみました。

私的な感想をいえば『松子』のほうが、映画としての完成度は高いかなあと思います。ただ、ノリというか見せ方は中島監督独特のものがあって、十分楽しめました。
『松子』を製作する過程で、監督と主演の中谷美紀が仲違いしたとかいろいろあったらしいですが、『松子』が極めて素晴らしい作品に仕上がっているのは、やはり女優中谷の演技力によるところも大きいかと思います。(脚本や演出が素晴らしいのは勿論ですが)

ところで、『下妻』のクライマックス、桃子(深田恭子)とイチゴ(土屋アンナ)が、女暴走族「ポニーテール」と対決するシーンで、牛久大仏なるものが出てきてびっくりしました。え~茨城県に大仏なんかあるの?と思いましたが、これが本当にあるんですね(知りませんでした)。

牛久大仏

なんでも台座もあわせると高さ120メートルで、ギネスにも登録されているそうです。
ニューヨークの自由の女神が40メートル、鎌倉の大仏が12メートルですから、恐ろしい高さですね。
これは是非一度見に行って見なければ、と思いました。

より以前の記事一覧

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ