« 長谷の市 かわら版 | トップページ | 河瀬監督、「日本文化を売り出す人が少ない」 »

2014/08/19

これは、いくらなんでもマズいでしょ

「ぼたもち寺」として知られる鎌倉の常栄寺(日蓮宗)の住職が、昔、修行をしていた同じく鎌倉市内の本覚寺から、版画を盗んだ疑いで逮捕されたそうです。

□鎌倉の住職が修行していた寺から版画を盗む

犯行理由は、「絵が欲しかった」から、だそうです。

この常栄寺というお寺、なぜ「ぼたもち寺」というかというと、日蓮聖人が処刑場へと引かれていく時に、この場所に住んでいた老婆(桟敷の尼)が、せめてもの供養にと、胡麻をまぶしたぼたもちを差し上げたという、立派な行いをした人がいた、というのがお寺の起源。

700年後、そのお寺の住職が、盗みを働いて捕まりましたとさ、というのは笑うに笑えぬ話。。。

「ぼたもち寺」、これからどうなっちゃうんでしょうね? 檀家さんとかも、きっと、困るでしょう。

|

« 長谷の市 かわら版 | トップページ | 河瀬監督、「日本文化を売り出す人が少ない」 »

コメント

悲しくなるお話でした

投稿: 管理人(森川) | 2014/08/19 19:26

まったくですね><
なんのために修行したんだか…

投稿: あすなろ | 2014/08/19 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/60175795

この記事へのトラックバック一覧です: これは、いくらなんでもマズいでしょ:

« 長谷の市 かわら版 | トップページ | 河瀬監督、「日本文化を売り出す人が少ない」 »