« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014/08/27

神奈川県を2013年に訪れた観光客

神奈川県を2013年に訪れた観光客の延べ人数が、前年比1087万人(6・3%)増の1億8435万人だったと県が公表。

◇1億8435万人 13年の神奈川県の観光客が4年ぶり最多更新

「鎌倉市が2桁の伸びを示したほか、江の島でのイベント効果などもあり、5132万2千人に達した」そうです。

これだけ人が集まれば、鎌倉関連の仕事もやりがいがありますが、いかんせん、インフラ整備が追いついてないなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/26

河瀬監督、「日本文化を売り出す人が少ない」

「萌の朱雀」などの作品で知られる、河瀬直美監督の最新作ができたそうです。
この人の作品、精神性、芸術性に優れてるけど、メッセージが抽象的すぎるというか、もう少しわかりやすい語り口でもいいんじゃないかなー、ってずっと思ってました。
たぶん、IQが高すぎるんだろうな。周りがなかなか追いつけない^^
最新作は、今までの作品に比べ、セリフが増えるなどしたとのこと。

最新作『2つ目の窓』

http://toyokeizai.net/articles/-/44268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/19

これは、いくらなんでもマズいでしょ

「ぼたもち寺」として知られる鎌倉の常栄寺(日蓮宗)の住職が、昔、修行をしていた同じく鎌倉市内の本覚寺から、版画を盗んだ疑いで逮捕されたそうです。

□鎌倉の住職が修行していた寺から版画を盗む

犯行理由は、「絵が欲しかった」から、だそうです。

この常栄寺というお寺、なぜ「ぼたもち寺」というかというと、日蓮聖人が処刑場へと引かれていく時に、この場所に住んでいた老婆(桟敷の尼)が、せめてもの供養にと、胡麻をまぶしたぼたもちを差し上げたという、立派な行いをした人がいた、というのがお寺の起源。

700年後、そのお寺の住職が、盗みを働いて捕まりましたとさ、というのは笑うに笑えぬ話。。。

「ぼたもち寺」、これからどうなっちゃうんでしょうね? 檀家さんとかも、きっと、困るでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/08/18

長谷の市 かわら版

5月にボランティアスタッフとして参加させていただいた「長谷の市」。
広報誌「長谷の市 かわら版」に、スタッフとして参加しての雑感のような文章を寄稿させていただきました。

Kawaraban

「長谷の市」は、長谷寺境内を中心に、春と秋、年2回開催されるイベント。「ミニ縁日」や飲食コーナー、物品販売コーナーのほか、大黒堂前に設けられたイベントステージでは、様々なパフォーマンスが行われます。

S0474048

お寺さんも、商店街も、住民も、そして、たまたま訪れた観光の人たちも、みんなが一緒になって盛り上げる「長谷の市」、楽しかったな。みなさん、お疲れ様でした!

S0594060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/15

オールアバウトのリアルタイムランキングで一位に

昨日の話ですが、私が、記事を執筆している、オールアバウト(All About)のリアルタイムランキングで、以前執筆した「はじめての鎌倉 おすすめ観光名所ベスト5」という記事が、全体の一位になりました。

12

◇はじめての鎌倉 おすすめ観光名所ベスト5
http://allabout.co.jp/gm/gc/438280/

旅行部門の一位なら分かりますが、全体の一位ってすごい!

恐るべし、鎌倉人気!

もちろん、SEO対策などは、しっかりやってますが。。。

しかし、数年前まで、真夏の鎌倉なんて、暑すぎてガーラガラだったんですけどね。

覚園寺のように、8月は、拝観お休み、なんてお寺さんもあります。

鎌倉で、現地ガイドをやっている友人の話だと、3年くらい前から、夏もお客さんが増えはじめ、外国人の姿も目立つようになってきたとのこと。

これは、夏は、観光オフシーズン という考えを改めなければならないように思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/14

奈良の仏像

奈良の仏像の記事をAllAboutに執筆してみました。

◇奈良に行ったら絶対に拝観したい仏像ベスト10
http://allabout.co.jp/matome/cl000000004569/

Gigeiten

鎌倉の専門家として登録してるのに、なぜ奈良の記事? と思われるかもしれませんが。。。
奈良は、歴史が長いだけあって国宝級の仏像の宝庫。涼しくなったら、今年もまた、奈良・京都あたりをゆっくり旅したいな。

ちなみに、鎌倉の見るべき仏像を10挙げるとしたら、どこでしょう?
入りそうなのは、
・水月観音(東慶寺)
・如意輪観音(来迎寺)
・鎌倉大仏(高徳院)
・薬師三尊(覚園寺)
・阿弥陀三尊(浄光明寺)
・頬焼阿弥陀(光触寺)
・長谷観音(長谷寺)
・閻魔像(円応寺)
あたりは、確実ですかね。

今度、鎌倉の仏像の特集記事でも書いてみようかな。
仏像の写真撮影となると、申請やら許可やら大変ですけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/11

江ノ島のおすすめ観光名所記事を書きました

江ノ島のおすすめの観光スポットを、5位~1位までのランキング形式で紹介する記事をAllAboutに執筆しました。

◆はじめての江ノ島 おすすめ観光名所ベスト5
http://allabout.co.jp/gm/gc/445772/

お盆休み、どこへ行こうか迷っている方、「えのすい」こと、新江ノ島水族館なら、涼しくイベントやプログラムを楽しむことができて、おすすめですよ。

Eno07

相模湾大水槽

 

Eno19

イルカショー「ドルフェリア」

 

8月末までは、江ノ島の夏の恒例イベントとなっている「江の島 灯籠」も開催中です。

記事で紹介している江の島の観光スポットは以下のとおりです。

◇第5位 稚児ヶ淵
◇第4位 龍恋の鐘
◇第3位 江島神社と岩屋洞窟
◇第2位 新江ノ島水族館(えのすい)
◇第1位 江の島シーキャンドル | 江の島サムエル・コッキング苑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/08

江の島 灯籠

昨日は、江ノ島の夏の恒例イベントとなっている「江の島 灯籠」を見に行ってきました。
「江の島 サムエル・コッキング苑」や江島神社参道を中心に、島全体に配された灯籠に、日暮れとともに灯がともされ、幻想的な夏の夜が演出されます。

S0823091
江島神社 中津宮

写真撮影のおすすめ場所は、サムエル・コッキング苑を出て、道をはさんで反対側の公園。シーキャンドル(展望灯台)が、バッチリ写ります。

S0773085

サムエル・コッキング苑内には、江の島に伝わる伝説「天女と五頭龍の物語」が描かれた灯籠もありました。

S0733080

8月末までやっているので、ぜひ見に行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/05

みんな大好き! 江ノ電をモチーフにしたお土産3選

鎌倉や江ノ島のお土産、みなさんはどんなものを買いますか?
鎌倉のお土産で、一番の定番といえば、やはり豊島屋の「鳩サブレー」でしょうか。
「鳩サブレー」も、もちろん美味しいですが、私は、自宅用なら、鎌倉ニュージャーマンの「鎌倉カスター」、贈答用なら吉兆庵のお菓子を買うことがおおいですね。

意外とおすすめなのが、湘南の人気者「江ノ電」をモチーフにしたお土産。子供から大人まで喜んでいただけるのではないかと思います。

Enoden_04

↓AllAboutの記事にまとめてみました。

◆みんな大好き! 江ノ電をモチーフにしたお土産3選
http://allabout.co.jp/gm/gc/445633/

記事で紹介しているお店は、以下の3店です。
・「ことのいち鎌倉」内 江ノ電グッズショップ
・ラ・プラージュ・マイアミ(江ノ電サブレ)
・江ノ電もなか本舗 扇屋(江ノ電もなか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/03

「鎌倉紀行」に「極楽寺ウォーキングコース」を追加

いよいよ夏本番という感じですね。

私のホームページ「鎌倉紀行」に「極楽寺ウォーキングコース」を新規で追加しました。
江ノ電「極楽寺」駅周辺は、とってもしっとりした雰囲気。
周辺には、縁結びや紫陽花の名所として知られる成就院や、鎌倉の枕詞「星月夜」を冠した星月夜の井、親孝行な童女の死を悼んで建てられたという月影地蔵堂などがあります。

この環境の良さから、「極楽寺」駅周辺は、テレビドラマ「俺たちの朝」にはじまり、様々なドラマ・映画の舞台になってきました。最近では、ドラマ「最後から二番目の恋」や、漫画「海街diary」の主人公が住む場所として描かれています。

いかにも鎌倉らしい風情を楽しむことができる散歩道ですので、ぜひ歩いてみてください。

Jyojyuin2

紫陽花の季節の成就院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »