« 大仏坂切通し | トップページ | 成就院のあじさい 鎌倉能舞台 »

2012/07/08

永い間、ありがとうございました。

鎌倉ブログ「時雨日記」をいつもご愛読いただきまして、ありがとうございます。
筆者は、昨年、東京の広尾に移住し、すっかりこちらの生活に馴染んでしまい、鎌倉の情報にもだんだん疎くなってきてしまいました。

情報の速報性や正確性というのも、ブログの使命であることを考えますと、このブログも、この辺りで休筆したほうがよいと判断しました。
古い情報、誤った情報を皆さんにお伝えしてはまずいですから。

このブログがスタートしたのは、2005年の6月。最初は、私が別途運営する鎌倉の観光情報サイト「鎌倉紀行」の補足版のような形でスタートしました。
それが、次第にこのブログを支持してくださる読者が増え、それを励みに書き続けて参りました。

この7年間、テレビ出演をさせていただいたり、NHK学園で講座を持たせていただくなど、様々な機会を頂戴しました。
これも、ひとえに読者諸氏の応援のおかげと、心より感謝申し上げます。

「鎌倉紀行」のほうは、引き続き更新を続けます。
また、広尾での生活の様子は、ブログ「広尾だ! ニャン日記」で、猫になって記しておりますので、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

最後に、私の一番好きな、成就院の紫陽花の写真を貼って、締めくくらせていただきます。
永い間、ありがとうございました。

04


|

« 大仏坂切通し | トップページ | 成就院のあじさい 鎌倉能舞台 »

コメント

和田さん

こんばんは。
講座では、いろいろとありがとうございました。
ブログを閉じることで、思いがけず懐かしい方々からコメントいただきうれしいです。
鎌倉三十三観音札所巡り、がんばってください。

投稿: 森川 | 2013/05/27 22:45

長い間楽しませていただきありがとうございました。
NHK学園の講座でもいろいろなところを案内していただき、たくさんの感動をいただきました。
母も亡くなり実家へ帰る機会もなくなってしまったので、鎌倉もだいぶ疎遠になってしまいました。
一昨年より鎌倉三十三観音札所巡りを始めたので
年に1~2度は鎌倉を訪ねますが
以前森川先生にご案内いただいた時の
お話がとても参考になっています。

またお時間ができて鎌倉を散策されるような機会ができましたら
新しい情報を教えてくださいね。

長い間お疲れ様でした。

投稿: 和田 | 2012/07/11 12:21

hiroさん

こんばんは。
hiroさんにも、色々とお世話になりました。

観光で潤うのは良いことですが、人込みで鎌倉の寂びた風情がなくなりつつあるのは本当に残念ですね。
私は、最近、ローカル線の名もないような駅で降りて、当てもなく歩くようなのに憧れています。忙しくて実現できてないですけど。

中高時代を広尾ということは、聖心か東京女学館ですかね?

投稿: 森川 | 2012/07/10 01:37

おつかれさまでした。
また余裕ができたら再開なさればよいですね!鎌倉歩きは最近ごぶさたです。(人ごみがだんだんつらくなってきまして。)

広尾ですかー。日赤で生まれて、中高時代を過ごしたので、懐かしい響きがあります。

投稿: hiro | 2012/07/09 23:00

倖さん

鎌倉で本当にお世話になりました。
鎌倉での仕事をメインにとも考えましたが、本業のITの仕事で企業の幹部となり、果たすべき責務も大きくなるにつれ、片手間で鎌倉の仕事を続けるのがつらくなってきてしまいました。
もう少し、公私ともに余裕ができたら、鎌倉の活動を再開したいと思います。
その時は、またよろしくお願いいたします。

投稿: 森川 | 2012/07/09 21:30

森川先生
すっかりご無沙汰しています。
「時雨日記」が私を古都鎌倉を好きにさせました。
行きたい場所など、思いを巡らせどんなにか
参考にさせて頂いたかしれません。
ありがとうございました。
私の仲間も今も尚、時折先生のお噂をして、今一度
鎌倉をご一緒させて欲しいと思っていました。
このぺーじがお休みと言うことは、とても残念ですが・・・
何時の日にか、再開(再会)を楽しみにしています。
お元気でご活躍くださいね。

投稿: 倖 | 2012/07/09 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/55152783

この記事へのトラックバック一覧です: 永い間、ありがとうございました。:

« 大仏坂切通し | トップページ | 成就院のあじさい 鎌倉能舞台 »