« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/11

桜散り そして

願わくば、花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃(西行)

満開の桜が風に舞う、昨日、今日。
桜をこよなく愛した歌人・西行法師の心境がよく分かります。

人々の名残惜しい気持ちをよそに吹雪のように舞い散る桜。季節の移ろいをこれほどまでに視覚的に印象付けるものって、他にあるでしょうか?

桜の花びらが風に舞う頃、あたかも桜の生まれ変わりのように咲き始めるのが、濃いピンク色の海棠(カイドウ)の花。鎌倉で海棠を見るならば、長谷の光則寺か、鎌倉駅からほど近い妙本寺。とくに光則寺の樹齢200年の古木は見応え十分。

海棠がきれいに咲きそろう頃に始まるのが春の「鎌倉まつり」。鎌倉市を挙げてのこのイベント、色々と見所はありますが、なんといっても見ておきたいのは、鶴岡八幡宮境内で奉納される「静の舞」。800年の昔、恋する白拍子・静御前が命を描けて舞った「静の舞」が、見事に蘇ります。

4月の中頃になると、安国論寺の枝垂れ桃が見頃に。境内では野点も行われ、紅い毛氈や和傘が美しく、彩り豊な春の日を満喫できます。

更に4月下旬には、墓地に映画監督・黒澤明も眠る寺、安養院の躑躅(ツツジ)が咲き始めます。

そして、5月は鎌倉文学館の春バラ。。。ああ、春の鎌倉散策の楽しみは尽きることを知りません。

写真は左上から、
・光則寺の樹齢200年の海棠の古木
・鎌倉まつりパレード(義経と静)
・鎌倉まつりパレード(ミス鎌倉)
・静の舞
・安国論寺の枝垂れ桃
・安養院の躑躅
(いずれも一昨年撮影)



00


01


02


03


04


05


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/04

京都 桜雨

桜を見に、ぷらっと日帰りで京都に行ってきました。

朝は小雨。最近JUJUが「桜雨」という歌を歌っていますが、しっとりと降る京の桜雨は格別。
午前中、円山公園、高台寺をまわり、お昼は石塀小路で「鯛御飯とおばんざいのセット」をいただきました。

午後、二年坂で買い物をした後、タクシーで「哲学の道」に移動し、桜並木を散歩。それから真如堂へ足を伸ばし、最後は祇園へ。祇園では桜祭りをやってました。

夜は、新幹線の時間まで一杯やろうと思いましたが、祇園ではちょっと高いので先斗町へ出掛け、創作懐石でビールをググィ。
酔い覚ましに高瀬川沿いを散策し、京都駅へ。

いやー、わずか一日でしたが、京の春を思い切り満喫しました。

今回は、たくさん写真を撮ったので、ここでは紹介しきれませんので、ほんのさわりだけ。後でゆっくりとアルバムを公開します。




Dsc_0059


Dsc_0095


Dsc_0110


Dsc_0130


Dsc_0142


Dsc_0172


Dsc_0241


Dsc_0246


Dsc_0271


左上から、
高台寺の枝垂れ桜、八坂の塔と桜、円山の枝垂れ桜(円山公園)
左近の桜(平安神宮)、平安神宮神苑にて、哲学の道
祇園白川、祇園白川、高瀬川

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »