« 鎌倉 紅葉レポート | トップページ | 週刊 歴史のミステリー に写真提供させていただきました »

2009/12/06

NHK学園講座 鎌倉浪漫ウォーク 12月

12/4(金)、12/5(土)と2日連続で講座を行いました。

◆4日
4日は、月1回、毎月第2金曜日に実施しているNHK学園講座「鎌倉浪漫ウォーク」の12月の回。今月だけは紅葉の見頃にあわせて、第1週目に実施しました。
歩いたコースは、
覚園寺 → 杉本寺 → 昼食休憩(こふく) → 釈迦堂切通し

覚園寺は、それほど知られていませんが、鎌倉でも有数の紅葉の美しいお寺。秋晴れの陽射しに紅葉の赤と銀杏の黄色が見事に映え、別世界の美しさの中を約50分かけて境内拝観。

覚園寺の後、鎌倉最古の寺・杉本寺をお参りし、昼食は和食処「こふく」さんへ。
こちらのお店は鎌倉の古い民家をそのままお店に使っているお店。広い座敷でお料理を頂きます。
板前さんが作る本格的な料理というよりは、どちらかというと家庭料理的な感じですが、お手頃な値段でとても美味しい料理に、受講生の皆さんも会話が弾み、とても楽しそうでした。

午後は、鎌倉を代表する景観のひとつ、釈迦堂切通しへ。午後の陽射しを後から受ける雄大な切通しの風景はとても印象的。私が、付近にある「唐糸やぐら」にまつわる『唐糸草子』のお話しをしていると、通りすがりの(?)猫ちゃんもお話を聴いてくれていました。。。^^

◆5日
5日は、秋の特別講座。
午前中は、前日同様、覚園寺をお参りしましたが、この日は生憎の曇天。午後からは雨との予報にも関わらず、たくさんの方がお参りに来ていました。雨が降ってしまえば紅葉もお終い。今年最後の秋の煌きをしっかりと目に焼きつけなければ。。。

鎌倉宮の休憩所で、「御代川」さんの仕出弁当を頂いた後、雨が降り始める前に、とにかく、この日の一番の目的地である獅子舞の谷までは行こうと道を急ぎました。
獅子舞の谷は、鎌倉一の紅葉の名所。二階堂川の源流の山奥にあるので、雨が本降りになったら、たどり着けません。
どうやら皆の祈りが天に通じたのか、弁当を食べているときにポツリポツリと降っていた雨は小康状態。
山道に入り、沢沿いの道をしばらく歩き、30分弱で獅子舞の谷に到着。そこは燃えるような紅葉と一足先に散った銀杏の葉の黄色の絨毯が敷き詰められた美しき桃源郷!!
しかもその瞬間、ごく短い時間でしたが、曇り空から一条の光が差し込み、紅葉がキラキラと輝きました。「わー」「あー」。皆が思い思いに歓声を上げたのは言うまでもありません。

予定していたスケジュールでは、この後、天園からハイキングコースを歩き、建長寺へと抜ける予定でしたが、雨の予報では仕方がありません。鎌倉宮へ一旦、引き返します。
このまま解散ではやや寂しいので、数ある鎌倉の仏像の中でも指折りの美しい仏様・如意輪観音像をお祭りしている西御門の来迎寺さんに電話してみると、雨にもかかわらず快く拝観をご許可いただけましたので、受講生の皆さんを頼朝の墓と来迎寺へご案内。

2日連続の講座を無事終えることができ、ホッとしました。。。これも皆、鎌倉の神様、仏様が守ってくださるおかげですね^^

|

« 鎌倉 紅葉レポート | トップページ | 週刊 歴史のミステリー に写真提供させていただきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/46954918

この記事へのトラックバック一覧です: NHK学園講座 鎌倉浪漫ウォーク 12月:

« 鎌倉 紅葉レポート | トップページ | 週刊 歴史のミステリー に写真提供させていただきました »