« 秋空と風と花と | トップページ | 古都浪漫ギャラリー「初秋の京都」アップ »

2009/09/12

9月講座 鎌倉 萩寺めぐり

昨日は、NHK学園講座「鎌倉浪漫ウォーク」、9月の回を実施しました。

8月は、夏休みでお休みだったので、受講生の皆様とお会いするのは2ヶ月ぶり。

10:30集合後、まず向ったのが海蔵寺。海蔵寺は、山門の両脇に咲く萩がとても美しいのですが、先週末(5日)に訪れたときは、まだほんの咲き始めでした。なので、どれくらい咲いているか心配しながら行ってみると。。。

「わーっ」。思わず声を上げたくなるくらい、まさに「流れ落ちる紫色の優美な瀧」という感じで、無数の紫色の小さな花が、幽玄な空間を演出していました。

海蔵寺では和尚さんに事前にお願いしまして、今回も普段非公開の庭園を特別に拝観させていただき、お庭を見ながら、海蔵寺開山・玄翁禅師の「殺生石」の物語をお話しました。
また、和尚さんのご好意で、お寺に伝わる江戸時代の境内の絵図や、「新編鎌倉史」も見せていただき、大変勉強になりました。

その後、浄光明寺に立ち寄り、楊貴妃観音のお話などをした後、お昼は鶴岡八幡宮門前の「鎌倉 峰本」で、特製の鎌倉丼をいただきました(写真)。
Dsc_0210

鎌倉丼というのは海老がのったどんぶり。江戸時代、海老といえば「伊勢海老」と相模湾で捕れる「鎌倉海老」が二大ブランドでしたが、その後、鎌倉海老の漁獲高が減って行き、海老といえば伊勢海老のことになってしまいました。昔、海老がたくさん獲れたことにちなみ、鎌倉丼といえば海老のどんぶりなのだそうです。
「峰本」には、鎌倉丼はメニューにありませんが、今回、ご主人にお願いして特別に作ってもらいました。プリプリの海老とフワフワの卵が絶妙で、とても美味しい!!
みなさん、大変満足のようでした。

午後は、宝戒寺へ。鎌倉で「萩寺」といえば、この宝戒寺を指します。宝戒寺の境内の萩は、9割以上がめずらしい白萩。
美しい石畳両脇の萩は、まだほとんど咲いてませんでしたが、本堂前の萩はもう見頃。
更に、今年は開花が早いのか、通常9月下旬頃に見頃となる白い彼岸花(曼珠沙華)も咲いていました。

美味しいものをお腹一杯食べ、美しいお花を見て、とても幸せな一日でした。

|

« 秋空と風と花と | トップページ | 古都浪漫ギャラリー「初秋の京都」アップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/46191261

この記事へのトラックバック一覧です: 9月講座 鎌倉 萩寺めぐり:

« 秋空と風と花と | トップページ | 古都浪漫ギャラリー「初秋の京都」アップ »