« 鎌倉 グルメ日記2 | トップページ | 夏果てて、秋の来るにはあらず »

2009/07/31

夏の鎌倉の楽しみ方

夏の鎌倉というと 海! というイメージですが、お祭りや様々なイベントも催されるので、ぜひ足を運びたいところ。
8月の代表的なお祭り・イベントをご紹介します。

◆ぼんぼり祭(鶴岡八幡宮
- 立秋の前日から- 8月9日(日) までの3日間 -

Bonnbori1Bonnbori2

ぼんぼり祭は、毎年、立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)鶴岡八幡宮の境内で行われる鎌倉の夏の風物詩。
期間中、立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われます。
鎌倉駅前の段葛から本殿へと続く石段まで、参道に鎌倉ゆかりの文化人や各界の著名人揮毫の雪洞が並べられ、日暮れとともに点される灯が、幻想的な夏の夜を彩ります。

写真上:雪洞が並べられた鶴岡八幡宮境内
写真下:鎌倉在住の小説家・柳美里さん揮毫の雪洞
(いずれも2004年撮影)

◆くらやみ参り(覚園寺
- 8月10日(月) -

Kurayami1Kurayami2

覚園寺は普段は、決められた時刻にお寺の方の案内でお参りする拝観スタイルですが、年に一日、境内にお祭りされている「黒地蔵」の縁日である8月10日の0時から正午までの間だけは、境内を自由に歩いてお参りすることができます。
「黒地蔵」は、地獄で火攻めにされている亡者の苦しみを和らげようと地獄の番人に代わり火焚きを行い、そのために自らの身を焦がしたという伝説のお地蔵様。何度洗っても、翌日にはまた黒くなってしまうため「黒地蔵」と呼ばれるようになったといいます。

8月10日深夜、暗闇の覚園寺境内に響くのは、読経の声と蝉時雨。寺の本堂である薬師堂に足を踏み入れれば、薄明かりに浮かぶ仏像がやさしげな微笑を浮かべている。。。
普段の拝観ではそれ程ゆっくり見ることができない数々の仏像も、心行くまでゆったりと拝観可能です。

また、8月10日は観音様の縁日でもあります。この日に観音様にお参りすると、四万六千日間お参りしたのと同じご利益を授かると言われ、鎌倉市内で観音様を本尊とする杉本観音や長谷観音、安養院では夜明け前から境内が開かれ、多くの参拝者が訪れます。

写真上:午前0時、覚園寺山門 写真下:長谷寺より夜明けの由比ヶ浜


このほか、下記のイベントもありますので、盛りだくさんの夏をお楽しみください。
鎌倉花火大会
- 8月10日(月) -

「鎌倉詩歌祭2009」俳句と友禅のコラボレート
- 8月6日(木)~8日(土) -

江の島で行われる様々な夏のイベント

|

« 鎌倉 グルメ日記2 | トップページ | 夏果てて、秋の来るにはあらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/45789265

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の鎌倉の楽しみ方:

« 鎌倉 グルメ日記2 | トップページ | 夏果てて、秋の来るにはあらず »