« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/28

森はすでに暗く 空はまだ青い

Syosai
Ajisai
Nozenkazura

昨日は、私が講師を担当している、NHK学園の鎌倉ウォーキング講座の次回の下見も兼ねての散策。

次回は7月10日。もう真夏です。普通に街歩きをしたら受講生が暑さでへばってしまいますので、次回講座のメインは、夏でも涼しい洞窟スポット。

「田谷の洞窟」、皆さんご存知ですか? 横浜市栄区の真言宗・定泉寺境内にある地底伽藍。上下3段、延長約1キロもある洞窟のうちの一部を公開しています。
昨日は真夏日でしたが、洞窟内に入ると中はヒンヤリ。案内に従って洞窟内の道を歩いていくと、所々に広い部屋があり、四国八十八ヶ所霊場をはじめ、西国三十三ヶ所・坂東三十三ヶ所、秩父三十四ヶ所の各観音霊場札所の仏が彫られていて、洞窟内を一周すれば総てまわったのと同じ功徳があるのだとか。

洞窟を出た後、定泉寺裏手にある陶芸と吹きガラスの工房・ギャラリー「陶郷(すえのさと)」にお邪魔しました。美しい陶器と涼しげなガラス細工が並べられたギャラリーは、高台にあるので涼しく、吹き抜けるやさしい風に戯れるように、風鈴がチリンチリンと心地よい音を奏でていました。

田谷を後にして、次に向ったのが、昨日、特別公開をしていた長谷の「吉屋信子記念館」。吉屋信子は歴史小説『徳川の夫人たち』などで知られる女流作家。晩年の10年を過ごした邸宅が、女史の遺志によって鎌倉市に寄贈されており、普段は市民のレクリエーション施設として使用されています。
年に数日ほど一般向けに特別公開する日があるのですが、私はこれまで訪れたことがなかったので、ぜひこの機会にと思い、足を運びました。
吉屋女史が「奈良の尼寺のような建物を」と望んで建てたという平屋建てのこじんまりとした建物。緑深い裏山に面した書斎には、窓際に据えつけられた机と箪笥だけが置いてあり、印象的でした(写真左)。

その後、腰越の食堂で講座当日の昼食の打合せを行った後、最後に向ったのが妙本寺
妙本寺の境内は、鬱蒼とした木々に囲まれた長い参道の先にあります。陽の永い季節ではありますが、足元はすでに暗くなり始めていました。直に日が暮れるこれ位の時刻を、フランスの詩人、ポール・デジャルダンは「森はすでに暗く 空はまだ青い」と表現しましたが、森の中の参道を歩きながら空を見上げて、「なるほど」と思いました。

妙本寺は、6月下旬から7月にかけて咲く、遅咲きの紫陽花で知られており、ちょうど今が見頃(写真中)。一方、二天門の前では真夏の花の印象が強い凌霄花(ノウゼンカズラ)が咲き始めていました(写真右)。
夏の始まりを告げる紫陽花と、夏の盛りを印象付ける凌霄花。夕暮れの薄明かりの中で、2つの季節が同居している、そんな思いがした6月最後の妙本寺でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/24

午前中が休みの日は。

このところ、公私ともに忙しい日が続き、体の中に毒素が溜まりに溜まったようで、とにかく体調が悪い。すぐに疲れる。

これはマズいな、と思っていたところ、今日は仕事が午後からだったので、朝、久しぶりにスポーツジムへ。
芝生と森に囲まれ、遠くに高層マンションの頭がひょっこりと見えるガラス張りのトレーニングルームの中で、30分ほどウォーキングマシンで汗をかき、その後、筋トレマシーンを使ってトレーニング。

ああ、気持ちいい!

汗とともに毒素も流れ出たのか、なんとも心地よい疲れが。。。ジムから自宅までのドライブの間、愛車も、なんだか快調なエンジン音を響かせているように思えました。

家につくと、「よし! まだ時間がある」と、出勤時間まで昼寝を決め込むことに。ヨガの音楽を低く流し、ベッドのわきに扇風機を置くと、漂白されるように意識が白くなり、白く、白く 。。。。。。ZZZZZ

 美しい風が吹き抜けていく。。。(実際は、扇風機の風)
 森の中の小鳥たちの歌声が。。。(実際は、CDの音)
 湿気をはらんだ花の香が鼻腔をくすぐって、なんとも気持ちがいい(実際は、昨夜焚いたアロマオイルのにおい)

ああ、この至福の時間がいつまでもつづきますように!(実際は15分くらいだったな)

※今回は、鎌倉と何も関係ありませんでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/15

空色の一日

昨日は、友人4人を連れて鎌倉散策。

鎌倉のお寺の風情を味わえて、しかも、この季節に美しい紫陽花を楽しむことができる場所、ということで覚園寺と瑞泉寺を案内しました。

覚園寺は紫陽花のイメージは余りないかもしれないですが、薬師堂裏手の小径に様々な種類の紫陽花が咲いており、これがなかなか綺麗。
また、小径を散策しながらの、お寺の方の説明もとても興味深いものでした。
「紫陽花の葉には毒が含まれていて、大量に食べると青酸カリを飲んだのと同じですから、天麩羅にして食べたりしちゃダメですよ。」
「紫陽花はもともとヨーロッパにはなかったけど、シーボルトが日本から持って行き、これが里帰りしたのが現在我々が見る西洋紫陽花です。」

覚園寺から瑞泉寺までは車で5分ちょっとですが、友人たちが一様に驚いていたのが鎌倉の道の狭さ。鎌倉宮と覚園寺の間の片側に水路のある道や、瑞泉寺山門手前の車幅ギリギリの道幅しかない道など。。。慣れればどうってことはないのですけど、やはり最初はびっくりしますよね。

瑞泉寺で紫陽花と夢窓国師の石庭を拝観したあと、昼食は中国精進料理の店「凛林」でいただきました。
丁度、りんくんびさんがいらっしゃり、ご挨拶させていただきました。7月に『食と職をおいしく食べる法』(講談社)という本を出版されるそう。料理会の重鎮なので意外なようですけど、今回の本がご自身初出版なのだそうです。

その後は、先日の「もしもツアーズ」の撮影でおじゃましたレンバイ(鎌倉市農協連即売所)を覗いたり、小町通りの納豆屋さんや、老舗カフェ「ミルクホール」に立ち寄ったり。。。

海も、紫陽花も、まるで空に溶け込んだように青く美しい、素敵な初夏の一日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/12

NHK学園講座 鎌倉 紫陽花紀行

今日は、講師を担当しているNHK学園講座「鎌倉浪漫ウォーク」で、紫陽花の名所をめぐって来ました。

私の講座は意外性といいますか、「鎌倉にこんな場所があったんだ!」というような、普段、皆さんが周らないような場所をご紹介することが多いのですが、今回周ったのは、本当によく知られた場所ばかり。
講座の受講生は、鎌倉を一通り歩いているような方も多いので、有名なお寺を紹介するのは、逆に案外難しいものです。
それと、観光シーズンの鎌倉は、近年どんどん混雑の度合いが激しくなっているような気がします。ウォーキングブームや団塊の世代がセカンドライフに突入したことなど、いろいろ理由はありますでしょうが、今日も平日とは思えない混みようでした。

最初の目的地、長谷寺には10:20頃到着。この時間だと門前の混雑はそれほどでもありませんでしたが、なにせ近年、鎌倉の元祖アジサイ寺・明月院のお株を完全に奪っている感のある新アジサイ寺・長谷寺のこと。お昼に近くなるにつれ、どんどん人が増えてきます。
ですから、11:30に紫陽花の見学を終え、入口(山門)に戻ってきてみると、もう人・人・人。午後になれば、今日辺りは入山制限をかけ、整理券なしでは入れなくなっていたのではないかと思います。

長谷寺のあとは、鎌倉オルゴール堂 → 御霊神社(権五郎神社) → 星月夜の井 → 成就院 と巡りましたが、どこも人が多かったですね。この分だと、明日・明後日の休日はどうなるんだろうと思いました。

Tukiyama

講座の最後は、ランチで締めくくり。今日、お邪魔したお店は、稲村ヶ崎の駅近くに近年開店したばかりの「和食処 つきやま」というお店(写真)。しっかりとしたものを出しており、値段も手頃。真面目に商売をしているという感じのお店。これで、もう少し、このお店ならでは、という特色があれば言うことなしなのですが、それは贅沢というものでしょうか。いずれにしろ自信を持ってオススメ出来るお店です。

◆つきやま ホームページ
http://www.tukiyama.com/index.html

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009/06/07

鎌倉 紫陽花情報(2009/6/7)

何気なく読んでいた雑誌に、とてもよい言葉があったのでちょっとご紹介したいと思います。

ある鮨(すし)職人さんの言葉。

「同じことを同じように10年間続けることがいかに大変か。それができたら一人前」

鮨のネタは、いつも同じ値段で仕入れることができるわけではないし、活きた素材は気候や湿度の違いによって微妙に変化する。そんな中で、10年間、常にお客様に満足していただけるものを提供し続けることが、いかに大変なことか。これは想像に難くないですが、これができてこそ職人として一人前だということ。

思えば、私の鎌倉ホームページ「鎌倉紀行」は、開設してから今年で丸6年。そして、昨年からは、NHK学園で講座「鎌倉浪漫ウォーク」を受持ち、古都研究家としての第一歩を踏み出させていただきました。
ホームページやブログの読者の方々、講座の受講生の方々に満足していただけるよう努力し続ける。
自分の軸をブレさせることなく、鎌倉をはじめ古都の魅力を発信し続ける。
これはこれでとても大変なことですが、上の鮨職人さんの言葉を読んで、改めてがんばって行きたいと思いました。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、現在の鎌倉の紫陽花などの開花情報を、今日撮影した写真とともにお伝えします。

0102_203

長谷寺(長谷観音)の紫陽花は、全体的には4~5分咲きというところ(写真左)ですが、ヤマアジサイ(ガクアジサイ 写真中)は綺麗に咲いているものが多いですね。また、花菖蒲が見頃になっています(写真右)。

同じく長谷の御霊神社は、まだ、やっと咲き始めたというところ。

江ノ電「極楽寺」駅からほど近い成就院も4~5分咲き。今度の週末辺りが見頃になるでしょう。

04

鎌倉駅からほど近い妙本寺も隠れた紫陽花スポットですが、こちらは例年遅咲きです。一応、今日足を運んでみましたが、ほとんどの株がまだ緑色の状態。6月中旬以降、7月上旬頃が見頃になると思います。

05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/06

本日放送の「もしもツアーズ」に出演します。

本日、6/6(土)放送の「もしもツアーズ」(フジテレビ 18:30~)に、鎌倉の案内役として出演します。

テーマは、「あじさいを見に来たら絶対買いたい食べたい鎌倉ツアー」。ゲストは、モデルのRIKACOさんと、ハリセンボンの春菜さん。

普段、テレビや雑誌では紹介されないような穴場のお店も紹介していますので、ぜひご覧になってくださいね。

「もしもツアーズ」ホームページ

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »