« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/29

鎌倉なんでもベスト3 -美しい仏様-

今、ちょうど上野の東京国立博物館で、「興福寺創建1300年記念 国宝阿修羅展」をやっていますね。見に行かれた方も多いと思います。
「天平の美少年」と呼ばれるこの阿修羅像、なんだか仏像というよりも、今で言えば、アイドルかタレントのフィギュアのようにも思えます。本当に瑞々しいですね。

この阿修羅像も含め、「美しい仏像」というのはたくさんありますが、私が今まで見た仏像で、最も美しいものを3つだけ挙げよ、と言われたら、広隆寺の「弥勒菩薩半跏思惟像」(京都)、薬師寺の「薬師三尊像」(奈良)、中宮寺の「如意輪観音像」(奈良)を選ぶと思います。

やはり、奈良・京都は歴史が古いだけあって、仏像の傑作もたくさんあります。

では、鎌倉には美しい仏様はいないのと言われれば、そんなことはありません。私が鎌倉の美しい仏様を3つ選ぶとすれば、「水月観音」(東慶寺)、「如意輪観音(来迎寺)」、「覚園寺・薬師堂内の群像」を挙げます。

水月観音(東慶寺)
この仏様は「水月観音堂」という独立した建物にお祭りされていて、拝観するには事前予約が必要なこともあり、東慶寺に行ったことはあっても、水月観音を拝観したことはないという人が多いのではないでしょうか。

観音様は「補陀洛山 (ふだらくさん 梵語ポータラカの写音。チベットの「ポタラ宮」というのもここからとっています)」というインドの山に住んでいるのですが、その山の麓を流れる川の辺の岩に腰掛け、水面に映る月を眺めている姿を描いたのが、いわゆる「水月観音」です。

東慶寺の水月観音の特徴はその座り方にあります。仏像は、立ち姿の「立像」、座っている姿の「坐像」があります。そして「坐像」は通常、「正座」や両方の足を組んだ「結跏趺坐(けっかふざ)」、片足を組んだ「半跏趺坐(はんかふざ)」が多いですが、この水月観音は足を組まず、横に流しています。なんだか「お嬢さん座り」みたいですよね。このような坐像を「遊戯坐像(ゆげざぞう)」と言います。遊戯坐像は中国(宋王朝の時代)では数多く造られましたが、日本では作例が非常に少ないのでとても貴重です(※1)。

この仏様、ややうつむき加減の表情といい、衣の繊細な線といい、言葉では表現できない美しさを持っています。「鎌倉の美女」というのにふさわしい仏様。鎌倉へお越しの際は、ぜひ拝観をおすすめします。

如意輪観音(来迎寺)
来迎寺というお寺は、鎌倉に2つあるので、注意が必要です(西御門と材木座)。ご紹介する如意輪観音は西御門(にしみかど)のほうの来迎寺にいらっしゃいます。

この仏様の美しさは、上で紹介した水月観音が可憐な美しさだとすれば、どちらかというと妖艶な美しさです。岩穴の奥に座り、来るものをその美しさで魅了する、そんな感じですね。とにかく一度お参りすると、その美しさに囚われ、何度も足を運びたくなってしまいます(私だけ?)。
もともとこの仏像は、現在、頼朝の墓がある場所に明治初年まであった法華堂(頼朝持仏堂)のご本尊でしたが、廃仏毀釈(神仏分離令)により法華堂が取り壊されたので、来迎寺に移されたのだそうです。
鎌倉の仏像特有の装飾技法である「土紋(粘土と漆を混ぜたものを型抜して、仏像の表面に貼り付けていく技法)」があしらわれているのも、この仏像の特徴です。

覚園寺・薬師堂内の群像
皆さん、覚園寺というお寺、ご存知でしょうか。薪能で有名な鎌倉宮(大塔宮)から、更に山の麓のほうにしばらく歩いたところにあるお寺です。
このお寺は、なんというか「鎌倉らしさ」とか「鎌倉の風情」というものをギューっと凝縮したような魅力のあるお寺です。
室町時代に建てられた本堂の薬師堂は、ほぼ当時のまま。したがって中にお祭りされている仏様もほぼ当時のままの姿。戸の隙間から入るわずかな光とお灯明だけに照らされて、その優美な姿で立っている群像。このお寺に来ると、なんだか時空を超えて、鎌倉・室町の昔にタイムスリップしたような感じさえしてきます(※2)。

薬師堂の中心にいらっしゃるのは本尊の薬師如来像。そして両脇には日光・月光の両菩薩。壁際に並ぶのは、邪悪なものが薬師如来に近づかないよう、恐ろしげな表情で周囲を威嚇する十二神将。
さらに、本尊に向って右奥にも忘れてはならない仏様がいらっしゃいます。小さな阿弥陀様で、「鞘阿弥陀(さやあみだ)」と呼ばれる仏様。かつて、理智光寺というお寺のご本尊でしたが、理智光寺が廃寺になったため、客仏として覚園寺にお祭りされています。生前、鎌倉に住んでいた川端康成が、この仏様を大変気に入っていて、度々訪れては眺めていたとか。


順位は付け難いですが、一応順位付けすると、鎌倉の美しい仏様ベスト3は、
1位:水月観音(東慶寺)
2位:如意輪観音(来迎寺)
3位:覚園寺・薬師堂内の群像
ですね。

もちろん鎌倉には、与謝野晶子に「美男」と読まれた大仏様をはじめ、ほかにもたくさん素敵な仏様がいらっしゃいます。GWは大変な混雑で、ゆっくりお寺をお参りするのは難しいですが、GW後、梅雨の紫陽花の時期までは比較的混雑もおさまり歩きやすいので、ぜひお寺を訪ね歩いて、美しい仏様と素敵な出会いをなさってください。

※1 遊戯坐像については、「日本の美術 No.57 禅宗の彫刻」(至文堂)に詳しい。
※2 覚園寺は、毎日決められた時間に、お寺の方の案内で拝観するスタイル。自由拝観はできないので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉なんでもベスト3

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。もうすでにGWに突入!という方もいらっしゃると思います。

私は、普段はあちこちに旅行に出掛けていることが多いですが、毎年GWは家にとじこもることに決めています。
通勤電車のような新幹線、延々何十キロも続く高速道路の渋滞。。。これを想像すると、家にいるのが一番!ということになってしまいます。私にとって、GWは普段の疲れをとるための静養期間という感じです。

私と同じで、GWは家で過ごすという方も多いと思うので、鎌倉について何かテーマを決めて面白いことを書こうと思うのですが、あまり固いことを書いても仕方がないので、やや脱力系でいきましょう。

鎌倉なんでもベスト3!

「日本三景(松島、天橋立、宮島)」とか、「日本三名山(富士山、立山、白山)」のように様々な「日本三大○○」というのがありますが、これと同じように、鎌倉について、いろいろなテーマの1位、2位、3位を決めていきましょう。あくまでも私の独断と偏見でですが。。。いかがでしょう?

では、次回から書いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/23

満員御礼

NHK学園の私の担当講座「鎌倉浪漫ウォーク」、4月~9月の春講座は、お陰様で定員一杯になりました。
心より、お礼申し上げたいと思います。

この講座は、本当に素敵な、そして愉快な受講生の皆さんにお集まりいただいて、私自身、月に一度の講義を楽しみにしています。

私の講座の目的はただ一つ、皆で鎌倉で楽しく過ごすこと。もちろん、NHK学園の教養講座ですから、歴史や文化のお話もしますが、肩を張らずに落語でも聴きに来ていただく気持ちで、気楽に参加してくださいねと常々申し上げています。

ただ、鎌倉の場合、どうしても、大人数を収容できるお店が少ないという事情もあり、人数制限を設けなくてはなりません。全員でテーブルを囲んで、親睦を深めるのも講座の目的ですからね。ランチは毎回、実際に私が食べに行ったお店の中で、あまり高くなくて、しかも美味しいお店をチョイスしています(隠れ家的な雰囲気のお店が多いかな。。。)。

というようなわけで、素敵な受講生にお集まりいただいている「鎌倉浪漫ウォーク」は、今後も可能な限り続けていきたいと思いますが、秋からは何らかの形で別の講座もご用意したいと考えておりますので、その折はよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/19

古都浪漫ギャラリー 「鎌倉 新緑の季節へ」アップ

先週末・今週末と、色々な用のついでに、鎌倉の街を歩き回りました。
桜が終わり、新緑の季節へ。寒くもなく、暑すぎもせず、散策にはとてもよい季節ですね。

古都浪漫ギャラリー 「鎌倉 新緑の季節へ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真夜中は別の顔

昨夜は、春の「鎌倉まつり」の一環として行われている、大仏のライトアップに出掛けてきました。

19:00過ぎに大仏の鎮座する長谷の高徳院に到着しましたが、ライトアップが行われるという告知が行き届いていないせいか、思いのほか人はまばら。行列が出来るほど混むのも嫌ですが、余り空いているのも、なんだか張り合いがない。。。
しかしその分、遠慮なく、思い切り写真を撮ることができました。

Dsc_0042_2 Dsc_0059_2 Dsc_0063_2
Dsc_0066_2 Dsc_0068_2 Dsc_0071

普段、見慣れた大仏さま
なんだか、いつもと違う顔
闇の中、目も切れ長で、顔の彫も深い
いつもよりハンサム
よく知っている恋人や、親友にだって、普段とは違う、知らない顔がある
大仏さまも、真夜中は別の顔

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/14

新しい仲間も増えて。

NHK学園の私の担当講座「鎌倉浪漫ウォーク」、これまでの仲間に加え、この4月から4名の方が、そして5月からは2名の方が新規でご参加くださることになり、うれしい限りです。これまでもワイワイガヤガヤと楽しくやってまいりましたが、今後はこれまで以上に楽しく、にぎやかになることでしょう。

しかし、鎌倉はなんと言っても狭いですし、大人数が入れるお店も少ないので、そろそろ定員一杯かな、とも思っています。
ということもあり、この秋からは今の講座とは別に、新たに私の「古都文化研究所」主宰で講座を立ち上げようかなと思案中です。どういう形になるかは、まだ分かりませんが。。。

その折は、お引き立ての程、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/12

春の鎌倉散策

鎌倉では、今日(4/12)から、春の「鎌倉まつり」が始まります。「鎌倉まつり」からゴールデンウィークにかけては、紫陽花や紅葉の時期と並ぶ鎌倉が最もにぎわう時期。私は混雑を避けて、昨日、次回(5月)のNHK学園講座の下見も兼ねて、大町・名越周辺を散策してきました。

Dsc_0116 Dsc_0158 Dsc_0176

今年は桜が遅咲きだったこともあり、もしかすると「鎌倉まつり」まで桜が持つかなとも思いましたが、段葛(だんかずら)へ行ってみると、もうほとんど散っていました。

大町まで歩き、最初に訪れたのが、安国論寺。こちらでは、野点(のだて)が行われていました。ちょうど見頃を迎えた枝垂れ桃の紅白の花。緋色の毛氈と和傘。釜から立ち上る湯気。和服の女性の優美な所作。これぞ日本の美ですね。

安国論寺を後に、次に向ったのは大町の住宅地。この住宅地の奥に、以前から一度行って見たいと思っていたお店があります。住宅地の奥の奥、路地の奥の奥に目指すお店がありました。お店の名前は「3時のおやつ工房」。まるで、おとぎの国の世界にあるようなメルヘンチックな外観のケーキ屋さん。こちらでは手作りクッキーを購入しました。

Dsc_0191 Dsc_0193 Dsc_0217

そして、お昼は安国論寺からほど近い、多国籍料理「ZEBRA」というお店でいただきました。大町という場所は観光エリアではないので、この場所での商売はなかなか難しいと思いますが、このお店はとても繁盛しています。
その秘密は、料理の美味しさと、値段以上の内容。
ランチはパスタセットのみになりますが(塩、トマト、クリームからソースが選べる)、サラダ、パン、パスタ、デザート、飲み物が付いて1,580円。パスタの麺は生麺を使用し、素材やオイルにも相当こだわっています。これで、1,580円なら安い!!

さて午後は、まず新緑の季節、境内の緑と苔の石段も美しい妙法寺(苔寺)に立ち寄った後、名越の切通しからハイランドまでハイキングコースを歩きました。
このコース、半年振りぐらいに歩きましたが、ハイキングコースがとても綺麗に整備され、歩きやすくなっていて驚きました。以前は無かった行き先を示す道標も立てられており、これなら初めて歩く人も迷わなくて済みますね。このエリアは逗子市になりますが、逗子市の行政に対してハイカーを代表して感謝したいと思います。

Dsc_0226 Dsc_0234 Dsc_0243

最後は、ハイランドのパノラマ台に登ってみました。雄大な景色と涼やかな春の風。新しい緑に包まれた衣張山が間近に見え最高に気持ちよかった!
夜はどこで呑もうかなと考えながら、夕暮れの山道を下山しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/09

ついに2000人、突破!

私が主宰しているミクシィ(mixi)のコミュニティ「そうだ、鎌倉へいこう」の会員数が、ついに2000人を突破しました(拍手)。
会員制のコミュニティですから変なイタズラ書きなどもないし、皆さん、いろいろな情報を書き込んでくださるので、管理人の私自身、ホームページのネタや、講座の企画等に役立たせていただいております。

ミクシィ(mixi)をやっている鎌倉好きの方、ぜひご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

春の鎌倉おすすめ情報

Photo Photo_2 Photo_3

久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ (紀友則)

今年は、大方の予想では桜は早咲きになりそう、とのことでしたが(私もそう思ってましたが)、自然というのはちゃんと調整がきくものなのですね。ちゃんと、桜の咲くべきこの時期に、咲いています。

4月は桜に続き、海棠(妙本寺、光則寺)、枝垂れ桃(安国論寺)など、春の花がにぎやかに咲きます。また、花にあわせて、様々な行事も催されます。

その代表格が、12日(日)から一週間にわたって行われる「第51回 鎌倉まつり」。若宮大路でのパレードに始まり、日本舞踊家による「静の舞」、流鏑馬の奉納とイベントが盛りだくさんですね。
昨年は、第50回の節目ということもあり、「静の舞」は、はじめて夜間奉納されましたが、今年は通常通り日中に行われるようです。暗闇の中、ライトアップされた舞台で舞われる「静の舞」も幽玄で確かに良かったのですが、「夜だと寒い」とか、「写真が撮れない」という声も結構あったので、昼間に戻して正解だと思います。

第51回 鎌倉まつり 日程表

そのほかの4月の行事は以下の通り。
◆極楽寺本尊・釈迦如来像開扉(4/7~4/9)

◆旧華頂宮邸一般公開(4/11・12)

◆大佛次郎邸一般公開(4/11)

最後に、もう一首、春の歌を。

春の夜の 夢の浮橋 とだえして 峰にわかるる 横雲の空 (藤原定家)

写真は、左から「源氏池の桜」、「ミス鎌倉」、「静の舞」。いずれも昨年撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/03

桜の鎌倉山から極楽寺へ

今日は、昨年から講師を担当させて頂いているNHK学園講座「鎌倉浪漫ウォーク」の、春学期第一回目を実施してきました。
今回から、新しいメンバーも加わり、ますます楽しい講座になりそうです。

今日のスケジュールは、

<午前>
湘南モノレール「大船」駅 → 「西鎌倉」駅 → 山椒洞(旧田中絹代邸 ※) → 「鎌倉山らい亭」(昼食)

<午後>
→ 棟方志功板画美術館 → 鎌倉山神社 → 月影地蔵堂 → 極楽寺 → 成就院 → 極楽寺駅解散
というコースを歩きました。

今年は、大方の予想に反して、桜はだいぶ遅咲きになりましたね。鎌倉山の並木の桜も、場所によってはほぼ満開になっていましたが、全体的には未だ3~4分咲きというところ。
極楽寺の境内の桜も、まだ5~6分咲き。極楽寺では、お釈迦様の誕生日に合わせて、毎年4月7日~9日までの間、秘仏の本尊・釈迦如来像を公開しますが、今年は、桜もあわせて楽しむことができそうです。

※山椒洞(懐石料理)は、2007年に営業を終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »