« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/30

初秋の鎌倉、おすすめの散策路

Kaizouji_hagi Youkihi Houkaijisandouhagi

最近雨が多く、朝晩はとても涼しくて、「夏はいったい何処へ?」という感じですね。

暑い盛りは散策などとても・・・と言っていた方も、涼しくなったら鎌倉へ出掛けてみませんか。
9月の鎌倉のオススメ散策路は、「萩の花の咲くお寺めぐり」。鎌倉駅を起点に、海蔵寺浄光明寺宝戒寺をめぐります。

鎌倉駅西口から海蔵寺までの道のりは、路傍に十六夜日記の作者である阿仏尼の墓があったり、小さな稲荷が祀られていたりと、一年を通じてとても味わい深い散策路ですが、私はこの道を秋に歩くのが大好きです。横須賀線の線路沿いにススキの穂が揺れはじめると、もう本当に秋だなと感じます。

寿福寺、英勝寺の門前を過ぎ、しばらく静かな住宅地を歩いていくと、その先の谷戸の奥に静にたたずむのが海蔵寺。9月中旬ともなると、山門に至る石段の両脇にあたかも紫色の輝く滝のように萩が咲き乱れ、幻想的な空間を創り上げます(写真左)。この優美な滝を掻き分けるように、参拝客は石段を上り、山門へ向かいます。できれば人の少ない早朝に訪れて、この贅沢な空間を独り占めにしてみたいですね。

海蔵寺から一旦、英勝寺の門前まで戻り、踏み切りを渡って、今度は泉ヶ谷の浄光明寺に向います。

浄光明寺は、鎌倉時代の彫刻の傑作・阿弥陀三尊像が祀られていることで知られるお寺。境内に入ると、「楊貴妃観音」像の周囲を萩の花が彩ってます(写真中)。
中国唐の時代、玄宗皇帝に愛された楊貴妃。世界三大美女の一人ともいわれる彼女の死を嘆いた玄宗は、仏師に命じて彼女の美貌に似せた一体の観音像を彫らせます。 500年の後、日本から渡った留学僧がこの像を譲り受けて日本に持ち帰り、京都泉涌寺(せんにゅうじ)に安置したのが本家「楊貴妃観音」。
浄光明寺は泉涌寺の末寺であるので、「楊貴妃観音」の模刻が寄進されたのだそうで、本家の、「楊貴妃観音」同様、美人祈願にご利益があること間違いなし。

さて、浄光明寺を出たら、「いわや不動」の前を抜け、鶴岡八幡宮方面へと足を伸ばしましょう。鶴岡八幡宮の門前を横切る横大路の突き当たりにある宝戒寺は別名「萩寺」と呼ばれる萩の美しいお寺。秋の境内は珍しい白萩の花で一杯になります(写真右)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/23

夏の終わりに。。湘南サイクリング


1 2 3

暑い中にも、朝晩は秋の気配も感じられるようになってきました。
もう夏も終わりかと思うと少し寂しい気もしますが、夏のしめくくりに、湘南ビーチのサイクリングなどいかがでしょうか?

まず、サイクリングですから自転車を手配しなければなりませんね。鎌倉駅前にもレンタサイクルがありますが、折角ですから、ちょっとオシャレにマウンテンバイクで決めてみたいという方、由比ヶ浜にある「GROVE」というお店でマウンテンバイクをレンタルしましょう(要予約)。

私のおすすめサイクリングコースは、逗子マリーナを起点に、鎌倉の海岸を走り、江の島、茅ヶ崎の烏帽子岩の見えるT-BARまで走るというコースです。
[逗子マリーナ - 材木座海岸 - 由比ヶ浜 - 稲村ケ崎 - 七里ヶ浜 - 江の島 - T-BAR(茅ヶ崎)]

出発点の逗子マリーナ(写真左)は、1971年誕生の湘南を代表するリゾート基地。約16万5千平方メートルの敷地に、現在8棟の別荘用建物をはじめ、ハーバー、 テニスコート、プール、レストランなどが揃っていて、街路にはヤシが植えられており、どこか外国のリゾート地にでも来たかのような気分に。

逗子から小坪トンネルを抜けると、鎌倉の海岸線。材木座海岸、由比ヶ浜(写真中)という人気のビーチを左手に見ながら走ります。ウィンドサーフィンを楽しむ人や、水着姿で肌を焼いている人がいますね。

途中、稲村ヶ崎一帯は公園として整備されているのでお弁当を広げるのも良いですね。夏場はよくバーベキューをやっている人もいます。また、稲村ヶ崎は「かながわの景勝50選」にも選ばれている素晴らしいビューポイントです。

稲村ケ崎のちょっと先、七里ヶ浜あたりでは砂浜に下りて行ってみましょう。砂浜を歩きながら波を見ていると、打ち寄せる波にも大波と小波があるのが良く分かります。波打ち際を油断して歩いていると、時々やってくる大波で靴も靴下もビショビショになっちゃいますよ。

逗子マリーナから江の島までは国道沿いを走らなければなりませんが、江の島から茅ヶ崎の烏帽子岩(写真右)の見えるT-BARまでは、サイクリングロードが整備されており、とても走り易いですよ。

是非、挑戦してみてください!

ちなみに、私自身が同コースを走ったときの記録はこちらのページです↓
湘南・鎌倉海物語

逗子-烏帽子岩までの地図

GROVE 鎌倉(レンタル・マウンテンバイク)


※コースの所要時間は、2~3時間くらいですが、茅ヶ崎から鎌倉まで自転車を返しに戻らなければならないので、余裕をもった計画を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/08

古都浪漫ギャラリー アップ

古都浪漫ギャラリーに「盛夏の奈良」をアップしました。

古都浪漫ギャラリー 盛夏の奈良

暑い最中ではありますが、2泊3日で奈良を旅行してきました。
とにかく炎天なので、昼間はあまり活発には歩きまわれませんでしたが、夏の夜ならではの「燈花会」を見学したり、奈良の郷土料理や名物を頂いたりと、なかなか楽しい旅行でした。

Dsc_0174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

鎌倉 8月のオススメ

夏真っ盛りですね。

こう暑いと、古都散策もちょっと尻込みしてしまいますが、8月の鎌倉はいろいろなオススメの行事があります。

◆鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭(8/6~8/9)
鎌倉在住または鎌倉に馴染みの深い著名人の、直筆の書や絵を描いた雪洞(ぼんぼり)を鶴岡八幡宮の参道にずらっと並べる「ぼんぼり祭」。
昼間は、個性的な雪洞をひとつひとつ眺めて歩くのがとても楽しいですし、夜になれば灯を燈すので、幻想的な美しさを楽しむことができます。
涼やかで夏の夜にぴったりのお祭りですね。

くらやみ参り(黒地蔵縁日)(覚園寺 8/10)
「くらやみ参り」とは、読んで字のごとく、夜にお寺をお参りすること。
覚園寺は、普段は毎日数回、決められた時刻にお寺のお坊さんの案内にしたがって境内をお参りするという珍しい拝観スタイルをとっているお寺ですが、年に一日、境内の地蔵堂に祀られている秘仏・「黒地蔵」の縁日である8月10日の0時から正午の間だけは、境内を自由に歩いてお参りすることができます。

「黒地蔵」は、地獄で火攻めにされている亡者の苦しみを和らげようと地獄の番人に代わり火焚きを行い、そのために自らの身を焦がしたという伝説のお地蔵様。何度洗っても、翌日にはまた黒くなってしまうため「黒地蔵」と呼ばれるようになったのだそうです。
秘仏のため普段は拝観することができませんが、この「くらやみ参り」の夜だけ地蔵堂の扉が開かれます。

また、8月10日は、観音様にお参りすると、四万六千日間お参りしたのと同じ御利益を授かると言われている観音菩薩の縁日。杉本寺・安養院・長谷寺(いずれも観音様がご本尊)は、深夜にもかかわらず、たくさんの人がお参りします。
※長谷観音は午前4時からお参りすることができます。

第60回鎌倉花火大会(8/11)
海中の台船から約4000発の花火が打ち上げられ、夏の夜空を彩ります。
例年、ものすごい人出なのでご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »