« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/23

ちょっと欲張りな展覧会

先週末、現在、上野の東京国立博物館・平成館で開催されている美術展『対決-巨匠たちの日本美術』を見てきました。
この展覧会は、
鎌倉時代の仏師対決 運慶 VS 快慶
室町時代の絵師対決 狩野永徳 VS 長谷川等伯
江戸時代の造仏僧対決 円空 VS 木喰(もくじき)
というような具合に、「対決」という形で、同時代に同分野で活躍した巨匠の作品同士を並べて展示し、その持ち味・違いを浮き彫りにしようというもの。
今までにない、斬新なアイデアでとても面白いとは思いますが、ちょっと欲張りすぎたかなという感があります。本当の意味で「対決」させるのであれば、個々の作家のより多くの、そしてより多面的な作品を展示しなければなりませんが、「対決」の数が多すぎて、どの作家の作品も質・量ともに中途半端になってしまいました。
作品を鑑賞しているうちに、次第に「対決」というアイデアはどうでもよくなり、個々の作品の素晴らしさに引き込まれていきました。

今回の展示会で、最も目を引かれたのは、やはり等伯の「松林図屏風」。いかにも地味な作品ですが、湿気の多い日本の風土を端的に表すばかりでなく、日本人の幽玄の美意識までをも描き切った、傑作中の傑作であると思います。
等伯の「松林図屏風」を見ると、いつも思い出すのが、日本と同じくウェットな風土をもつ英国の風景を描き続けた画家・ターナーの絵。しかし、日本人の美意識には等伯の絵のほうがしっくりきます。
「松林図屏風」は、間近で見てはいけません。2、3歩下がってみてみると、遠くの冠雪した山と、辺り一面を煙るように包みこむ朝靄(あさもや)の中に浮かんでは消える松林の情景が広がって見えます。
朝一番の開館にあわせて足を運んだ甲斐があり、人がまばらな中でじっくりと、このしっとりとした風景を堪能することができました。

ここには、とても書ききれませんが、この展覧会は「対決」はともかくとして、見るべきものは多いと思いです。懐かしく、温かく、穏やかな気持ちにさせてくれる円空仏の微笑み。みずみずしく、現代人が見ても、とてもお洒落に思える蕪村の水墨画など。

そして何よりも、私が驚いたのは、若冲(伊東若冲 1716~1800)の作品に点描の手法を使った作品があること。点描といえば、後期印象派の画家のジョルジュ・スーラ(1859~1891)が有名ですが、スーラの半世紀も前に我が国の画家が、このような試みを行っていたとは!
(スーラが画面全体を点描法で構成したのに対し、若冲は画面の中の石灯籠の部分のみを点描法で描いたという違いは、もちろんありますが。)

展覧会は8月17日(日)までですが、途中展示替えがあるので、等伯の「松林図屏風」などを見たい方は、お早めにどうぞ。

◆『対決-巨匠たちの日本美術
作品リスト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/21

古都浪漫ギャラリー アップ

古都浪漫ギャラリーに「湘南・鎌倉 夏物語」をアップしました。

古都浪漫

夏の鎌倉を彩る花や海の写真などを掲載しましたので、お楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

NHK学園で講座を担当します

10月からNHK学園新宿オープンスクールで、講師として『鎌倉浪漫ウォーク』という講座を担当することになりました。
講座といっても座学ではなくアウトドア講座ですので、実際に鎌倉を散策して、四季折々の花や自然を楽しみながら、お寺や歴史についてお話しする、楽しい講座にしたいと思います(月1回第2金曜日、全6回のコースになります)。

受講の募集は、NHK学園新宿オープンスクールのホームページでも行いますが、8月25日に朝日、読売新聞にチラシが入るとのことですので(新宿区を中心とし、渋谷、世田谷、西は三鷹辺りまで)、興味のある方はご覧になってください。
募集を開始したら、またお知らせします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/13

鎌倉王選手権 同窓会

Dsc_0006 Dsc_0013 Dsc_0015

昨夜は、5月15日に放送した、TVチャンピオン「鎌倉王選手権」の同窓会を開催!

鎌倉FMの真未ちゃんは家庭の事情で参加できませんでしたが、チャンピオンの南さん、人力車の井上さん、バスガイドの山野さん、そして私の4名が集まりました。

食事会の場所は、「ローストビーフの店 鎌倉山」。東京の赤坂や玉川、横浜にも支店を持つ名店です。
コースは、魚介類の前菜、ジャガイモの冷製スープ、メインのローストビーフ。
いや~、こちらのローストビーフは本当に美味しいですね!
デザートは、好みのケーキを2種類選べます。
しかも今回は、南さんの賞金でごちそうになってしまいました。幸せ!!

二次会は、由比ヶ浜の海の家に移動。高級レストランから海の家というギャップがものすごいですが、最近の海の家は本当に清潔というか、普通のお店と遜色ないですね。
心地よい海風が吹く中、ビーチでのんびり過ごす夜というのもよいですね。やっぱり幸せ!!!

ローストビーフの店 鎌倉山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »