« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

古都浪漫ギャラリー アップ

古都浪漫ギャラリーに「鎌倉 初夏の花」をアップしました。

2003年から昨年までに撮影した、紫陽花・花菖蒲など、初夏の鎌倉を彩る花のギャラリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/20

「古都浪漫」がYahoo!カテゴリに登録されました

今年1月に写真素材サイトとしてリニューアルし、提供する素材の充実を進めてきた「古都浪漫」。
この度、Yahoo!への登録申請を行ったところ、無事登録されました。

最近は、Yahoo!の登録審査はとても厳しく、申請してもなかなか登録されないとききますから、とてもありがたいと思います。
これで、私が制作したサイトで、Yahoo!に登録されたのは、私の所属する会社のサイト(リニューアル前)、「鎌倉紀行」に続き、3作目になります。

「古都浪漫」で公開している写真は、個人はもちろん、商用でも無料でご使用いただけます(Webで使用する場合は、リンクウェアになります。ご利用規約をご確認ください)。

「鎌倉紀行」ともどもかわいがってやってください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

鎌倉清雅堂さん

ところで先週、TVチャンピオン「鎌倉王選手権」でご一緒させていただいた南さん(チャンピオン)のお店「鎌倉清雅堂」さんにお邪魔してきました。

「鎌倉清雅堂」は、銅・錫・銀・金などの金属を素材にした鎚起銅器(ついきどうき)のお店。
お茶道具から、花器、ぐい呑みなどの酒器まで、いろいろな器を取り扱っていらっしゃいます。

私は器といえば陶芸品しか知らなくて、金属の器はとても新鮮に感じました。丸みを帯びたフォルムや表面に施された繊細な文様のせいか、金属特有の冷たさを感じさせないですね。

これらの器は新潟の職人さんたちが真心こめて制作しているとのこと。

鎌倉清雅堂

楽天にも出店されています。

1_2 2_2 3_2
4_2 5_2 7


| | コメント (0) | トラックバック (1)

鎌倉・湘南・三浦をあるく 二版

私が写真協力させていただいている大人の遠足BOOK 鎌倉・湘南・三浦をあるく」(JTBパブリッシング)の改訂二版が店頭に並びました。

「鎌倉エリア」編では、
「1.四季折々の花が迎える寺社と鎌倉幕府ゆかりの地をめぐる」
「2.鎌倉アルプスの稜線を歩き北鎌倉の古刹と絶景を楽しむ」
など、17の散策コースが豊富な写真入りで紹介されています。

ぜひぜひ購入してくださいね^^
といっても、私は著者ではないので、儲かりませんが。。。

鎌倉・湘南・三浦をあるく (大人の遠足BOOK)

Pkamakuramiura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

TVチャンピオン2 「鎌倉王選手権」放送

私も出場した、TVチャンピオン2「鎌倉王選手権」が本日放送されました。
私は「人気HP仕掛け人」という肩書きで紹介されていました。結構気に入っています^^

結果は、私は3位でした。
お寺、歴史、ハイキングコースのことなら自信があるのですが、やっぱり食べ物の問題はちょっと苦手です。。。

優勝の南さん、準優勝の井上さんに拍手。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/05/12

雨の鎌倉

Anyoin Bungakukan_2 Bara


今日の散策ルートは、
一茶庵(昼食)→鎌倉国宝館(国宝展)→来迎寺→安養院→鎌倉文学館→幻董庵(夕食)

来迎寺(西御門)では、東慶寺の「水月観音」と並び、鎌倉で一・二を争う美しい仏像といわれる「如意輪観音」を初めて拝観しました。右膝を立てた姿勢で、肘を付き、首をちょこっと傾けるポーズ。確かインドにはこのような姿勢の仏像もあった気がしますが、日本の仏像では珍しいのではないでしょうか。

安養院のツツジはそろそろ見納め(写真左)。

鎌倉文学館のバラはまだ咲き始め。もう一週間もすると見頃になるかなという感じでした(写真中)が、中にはもう大輪の花を咲かせている花もありました(写真右)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

「おすすめの鎌倉の宿予約」のコーナー

「おすすめの鎌倉の宿予約」のコーナーで紹介している宿・ホテルの見直しを行いました。
実際に宿泊したり、「じゃらん」のクチコミ投稿を参考にしたりして、皆さんに快適に、安心して宿泊していただける宿を厳選しました。

鎌倉にお泊りの際は、ぜひ参考にしてください。

鎌倉観光名所検索 「おすすめの鎌倉の宿予約」のコーナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »