« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/26

2月の鎌倉 おすすめ散策コース

=鎌倉の梅の名所散策情報=

Tokeiji Zuisenji Tenjin

2月も中旬になると、鎌倉の古寺の境内には、ほのかに梅が薫りはじめます。

鎌倉の梅の名所としてご紹介したいのが、東慶寺、瑞泉寺、荏柄天神の3ヶ所です。

東慶寺(写真左)
梅の名所と言って、まず思いつくのが北鎌倉エリアの東慶寺。
茅葺の山門をくぐると、道の両脇に紅白の梅が咲き誇っています。梅の花に「咲き誇り」という表現は変かも知れませんが、まさにそのような感じなのです!
東慶寺に行かれたら、境内の松ヶ岡宝蔵もご覧になるとよいでしょう。東慶寺は江戸時代の「駆込み寺」として知られ、女性から離婚請求のできなかった封建時代、この寺に駆け込んだ多くの女性を救いました。宝蔵には、寺宝の仏像のほか、多くの離縁状など縁切関係の古文書が収蔵されており、「駆込み寺」の歴史を伝えています。

瑞泉寺(写真中)
鎌倉の「花の寺」として知られる瑞泉寺は、四季折々の花を楽しむことができますが、早春の梅の季節が一番よいかもしれません。境内全域に梅の木がありますが、特に山門付近の大粒の雪を降らせているように花を咲かせる枝垂れ梅が見事です。

荏柄天神(写真右)
学問の神様、菅原道真公を祀る荏柄天神。1月下旬ともなれば、本殿両脇の紅白の梅が咲き始めます。

「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」

旧暦の1月25日は、道真公が大宰府に左遷された日。その時、自邸の庭の梅の花を詠んだのが、この歌です。
ちなみに「東風(こち)」とは、東方から吹く風。本来、春の訪れを告げる風ですが、この和歌のせいか、どこか淋しさを感じる言葉です。

[参考URL]
梅薫る早春の鎌倉を歩く(鎌倉の梅の名所めぐり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/16

旅の写真アルバム

ここ3・4年で、旅先で撮影した写真をアルバム形式でまとめて、当ブログ(このページ)の右側のサイドバーの下のほうにまとめて公開しておきました。
よかったら見てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

冬の鎌倉おすすめ情報5 ~大気の澄んだ冬ならではの景色を楽しもう~

=冬の鎌倉おすすめ情報5=
~大気の澄んだ冬ならではの景色を楽しもう~

1 2 3

皆さん、「かながわの景勝50選」というのがあるのをご存知ですか?

1979年(昭和54年)に選定された「かながわの景勝50選」に、鎌倉市からは3ヶ所が選ばれています。
すなわち、①十王岩(写真左)、②光明寺裏山(写真中)、③稲村ケ崎(写真右)、の3ヶ所です。

①「十王岩」は天園ハイキングコースの途中にあります。「十王」というのは、閻魔大王をはじめとする地獄を統べる10人の裁判官のことですが、このうちの3人が彫られた岩が目印です(ほとんど風化していますが)。
鎌倉市の北側は山に囲まれていて、この尾根伝いに天園ハイキングコースが伸びているのですが、「十王岩」は丁度、鎌倉市の中心を貫く若宮大路とその奥に鎮座する鶴岡八幡宮の真裏の山中に位置します。なので、この場所から眺めると、海に向ってまっすぐに伸びる若宮大路をはっきり見ることが出来ます。

[天園ハイキングコース]

②光明寺は、材木座にある浄土宗の大本山。関東随一ともいわれる大きな山門が見事なお寺です。このお寺の裏山からの眺めが見事で、巨大な山門の向こうに稲村ケ崎、江ノ島、そして冬場は冠雪した富士山を見ることが出来ます。
この場所へは可能であれば朝一番の日の出の時刻に訪れることをおすすめします。朝日を受けて薄いピンク色に染まった富士山がなんとも言えず美しいですよ。

③稲村ケ崎は、映画『稲村ジェーン』などでも有名。サーフィンのメッカですが、鎌倉幕府滅亡時の古戦場でもあったりします。
稲村ケ崎は海にちょこっと突き出した岬で、周辺は公園として整備されています。ここから西の江ノ島方面の眺めがよいのです。
特に夕日の時刻、富士山は完全なシルエット。次第に西に沈み行く夕日が、水平線に姿を消すその瞬間、どこからともなく歓声が上がったりします。

おまけ情報。
鎌倉周辺で、「江の島の稚児が淵からの眺望」も、「かながわの景勝50選」に選ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/12

冬の鎌倉おすすめ情報4 ~展望台からの景色を楽しもう~

=冬の鎌倉おすすめ情報4=
~展望台からの景色を楽しもう~

Enosima Syojyoken Panoramadai

大気の澄み渡った冬は、展望台からの眺めもひときわ素晴らしく、遥か彼方、地平線や水平線までも見渡すことが出来ます。
そこで、「冬の鎌倉おすすめ情報4」として鎌倉周辺のおすすめの展望台をご紹介したいと思います。

①江の島展望灯台
鎌倉周辺の展望台でなんと言っても有名なのは、平成15年4月にリニューアルオープンしたばかりの江の島の展望灯台。
高さ41メートルの展望フロアからは、西に富士山・丹沢連峰、南に大島・伊豆半島など360度の大パノラマを楽しむことができます(写真左)。

[参考URL]
http://enoshima-seacandle.jp/

http://homepage3.nifty.com/kamakurakikou/bkikou8enosima.html

②勝上けん展望台
江の島の展望灯台が「海」の展望台だとすれば、勝上けん展望台は「山」の展望台。鎌倉北部の建長寺裏手の山中にあります。
ここは夏は夏でよいですが、冬もまた格別です。夕暮れ時、西の空にシルエットとなって浮かぶ富士山は雄大であり、その下に宝石のように輝く街の灯を眺めるのもロマンチックですね(写真中)。

[参考URL]
http://homepage3.nifty.com/kamakurakikou/asyoujyouken.html

③パノラマ台
この展望台は穴場中の穴場。知る人ぞ知るです。
逗子と鎌倉の街並みをグルリ360度見渡すことが出来るこの展望台からの景色、私はナンバーワンだと思ってます。。。
場所はちょっと分かりづらいのですが、下記の参考URLをご覧になってください。
http://homepage3.nifty.com/kamakurakikou/apanoramadai.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/05

鎌倉・江の島七福神めぐり

今日は、鎌倉・江の島七福神コースをまわってきました。
鎌倉・江の島の七福神を正月にお参りするのは、久しぶり。

Binya Botan Fuji

北鎌倉の浄智寺(布袋尊)をスタートし、次の鶴岡八幡宮へ行く途中にある「備屋珈琲店」で早めの昼食を兼ね休息。このお店、ヨーロッパブランドの好みのカップでコーヒーを飲むことができ(写真左)、まるでコーヒーカップの美術館のようでした。

昼食後は鶴岡八幡宮(弁財天)へ。八幡宮に来たついでに、この季節に花をつける冬牡丹の花を見るため、源平池ほとりの「ぼたん苑」に立ち寄ることにしました。
まだ、時期的にちょっと早いかなと思いつつ「ぼたん苑」を覗いてみると、意外に多くの大輪の花が咲いていました(写真中)。

その後は、
宝戒寺(毘沙門天)-妙隆寺(寿老人)-本覚寺(恵比寿)-御霊神社(福禄寿)-長谷寺(大黒天)

の順に周りました。鶴岡八幡宮、御霊神社、長谷寺の御朱印所がかなり混んでいて時間がかかってしまい、残念ながら江の島の弁財天までは行くことができずにタイムアウト。
江の島へは後日また行くこととし、稲村ヶ崎から七里ヶ浜の間の海辺を散歩。夕暮れの中に大きな富士山のシルエットを見ることができました(写真右)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/02

冬の鎌倉おすすめ情報3 ~静かな境内で冬の花を楽しもう~

=冬の鎌倉おすすめ情報3=
~静かな境内で冬の花を楽しもう~

早春の梅に始まり、春爛漫の桜、カイドウ。初夏の紫陽花、ハナショウブ。夏のノウゼンカズラ。初秋の萩。秋のヒガンバナ、コスモス。晩秋の紅葉・・・、と鎌倉は四季を通じて花に彩られていますが、さすがに12月下旬から1月にかけては花も少なくなります。
しかしながら一年の中で観光客も比較的少ないこの時期、古都の寺社の静かな境内を落ち着いた気持ちで逍遥するのも悪くはないと思います。

雪化粧した鎌倉の街はあたかも水墨画のようで殊のほか美しいですし、晴天の日に風花が舞うのなどはなんともロマンチックではありませんか。

しかも花も全くないかというと、そうでもありません。鶴岡八幡宮の牡丹苑では雪よけの「こも」に覆われて冬牡丹が大輪の花を咲かせます(写真左・中)。
また、浄智寺の境内などでは「蝋梅(ロウバイ)」が咲きます(写真右)。蝋梅の花は字のとおり、形は梅の花に似ていますが、まるで蝋細工のような花びら。これも寒さから身を守るための自然の進化の形なのでしょうか。

※風花
晴天の日に風と共にちらちら降る雪。まるで消えるために降っているような、はかない雪のこと。

Komo Botan Roubai

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »