« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

冬の鎌倉おすすめ情報2 ~開運!鎌倉・江の島七福神めぐり~

=冬の鎌倉おすすめ情報2=
~開運!鎌倉・江の島七福神めぐり~

お正月にオススメなのが、「鎌倉・江の島七福神めぐり」。七福神は縁起のよい神様ですので、是非、初詣と一緒に七福神もお参りしましょう。
コースについては、下記のページを参考にしてください。

鎌倉・江の島七福神めぐりコース

鎌倉・江の島七福神めぐり地図

七福神のどこからスタートしても良いのですが、鶴岡八幡宮宝戒寺、妙隆寺、本覚寺は鎌倉駅周辺、長谷寺、御霊神社、江島神社は江ノ電沿線にまとまっているので、離れている北鎌倉の浄智寺をスタートにすれば、効率よく巡ることができます。
途中江ノ電に乗ったりしながらゴールは江の島の弁財天。弁天様が2人いらっしゃる(鶴岡八幡宮の旗上弁財天と江の島弁財天)ので合計8人の神様をお参りします。

お正月の縁起かつぎもありますが、鶴岡八幡宮や長谷寺がコースに入っていたり、江の島では冬の味覚を楽しむことができたりと、観光コースとしてもとても魅力的なコースですので、是非チャレンジしてみてください。

あと、折角ですから最初のお寺さんで、ご朱印帳(700円)もしくは色紙(500円)を買って、行く先々でご朱印を押してもらいましょう。後日の思い出になります。

写真左:浄智寺の布袋尊 中:鶴岡八幡宮の旗上弁財天 右:江ノ島の裸弁天が祀られている「奉安殿」

Hotei Hataage Hoanden

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/30

冬の鎌倉おすすめ情報1 ~鎌倉で楽しむアート~

=冬の鎌倉おすすめ情報1=
~鎌倉で楽しむアート~

年末年始、鎌倉にお出かけという方も多いかと思います。
せっかく出掛けるなら初詣のついでにいろいろ楽しんじゃいましょう!ということで、冬ならではの鎌倉のおすすめ情報をいくつかご紹介したいと思います。
本日、ご紹介するのは、鎌倉のアートスポットです。

外は寒いし、お寺に行っても花もそれほど咲いていない・・というこの時期こそ巡りたいのが、鎌倉の美術館。
鎌倉には、神奈川県立近代美術館鎌倉国宝館鎌倉文学館のような公共団体が運営する大きな美術館・博物館のほか、地元企業やアーティストが自前で経営する小規模の美術館がいくつかあります。

中でもおすすめなのは、北鎌倉にある画家、葉祥明氏の個人美術館「葉祥明美術館」と鎌倉駅の近く、小町通にある和菓子店が運営する「吉兆庵美術館」。

「葉祥明美術館」は、明月院への道の左手に建つ瀟洒な洋館が美術館となっていて(写真左)、常設展示のほか、企画展も催されています。

葉氏は絵本作家ですが、美術館を訪れて氏の作品に実際に触れてみると、絵本という枠を遥かに超えていることに気づきます。
どこか懐かしく、ノスタルジーを感じさせる画風。ほぼすべての作品に描かれている地平線ないし水平線。そして、絵から伝わる物語の予感。美術館から出てきたときにはすっかりファンになってしまっていました^^(特に『White Planet』という作品が私は好きです・・・)。

「吉兆庵美術館」(写真右)は、和菓子店「鎌倉 源 吉兆庵」が運営する美術館で、北大路魯山人の陶芸・書画を中心に展示しています。
魯山人という人は非常に幅広い分野で活躍した人で、大変な美食家だったんですね。それで「食器は料理の着物」だと言って、自分が気に入るように皿や器を作りはじめて、その道でも一流になっちゃうんです。北鎌倉に陶芸用の窯を持っていたので鎌倉所縁の人でもあります。
漫画『美味しんぼ』に出てくる海原雄山は、魯山人がモデルになっているようです。

[参考URL]
葉祥明美術館
1/1(火)、1/2(水)は、通常より1時間早い16:00閉館。1/3~ 通常営業
1/1は、葉祥明氏来館予定。

吉兆庵美術館
12/30(日)~1/3(木) 休館
1/4(金)~ 通常営業

北大路魯山人

You Kicyoan

※なお、私のもうひとつの鎌倉のおすすめ美術館、「大谷記念美術館」は、3月まで冬季休館。こちらは春が待ち遠しいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

鎌倉 除夜の鐘を撞かせていただけるお寺

今日はクリスマスイヴですね♪

さあ、いよいよ今年も大詰め。
皆さん、年越しの準備はいかがですか?

鎌倉には、除夜の鐘をつかせていただけるお寺がたくさんありますので、ご紹介しておきます。

http://www.treep.jp/kamakura/cate_news/jyoyanokane_07.html

年末年始は、交通規制が敷かれますので、くれぐれも車ではなく、公共交通機関でおでかけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/08

12月の鎌倉 おすすめ散策コース 富士山を見に出掛けよう

先日、朝、自分の息が白くなるのを見て、いよいよ冬だなと思いました。
皆さん、風邪などひいてないですか?

寒いからといって、家に閉篭もっているのはもったいないですよ。冬は大気が澄むので、鎌倉では、あちこちから富士山の雄大な姿を見ることができます。

そこで、12月はカメラを持って「富士山の景勝スポット」をまわってみてはいかがでしょうか。
鎌倉で富士山が美しく見えるスポットをいくつかご紹介しましょう。

1.海沿いのエリア
まず、海沿いのエリアでは、材木座の光明寺裏山からの展望(下の写真)と和賀江島からの眺めがおすすめ。
この写真は、朝日が昇る時刻に撮影したもの。朝日を受けて山肌がほのかにピンク色に染まる富士山がとても美しいですね。

Komyoji


2.ハイキングコースから見る富士山
衣張山山頂パノラマ台天園などから富士山を見ることができますが、山登りは大変という方におすすめなのが、ハイランドの「かまくら幼稚園裏側からの眺め」です。
こちらは、「関東の富士見百景」に選出されているスポットで、すぐそばまで逗子駅からバスが出ていて便利です(逗22系統 「夕陽台公園」バス停下車)。

Hiland


3.夕日に浮かぶ富士山が美しいスポット
夕方、西の空にシルエットになって浮かぶ富士山。美しいですよね。
海沿いなら稲村ケ崎からの眺めが最高です。

山沿いエリアでおすすめなのが、建長寺の鎮守・半僧坊裏手の勝上けん展望台からの眺め(写真)。
展望台へたどり着くには長い石段を登らなければなりませんが、その分、眺めは素晴らしいです。
夕暮れ時、西の空にシルエットとなって浮かぶ富士山は、雄大であり、ノスタルジックでもあります。その下に宝石のように輝く街の灯を眺めながら展望台に集う人々が、日没の瞬間、「ワー」と声を上げるのも、鎌倉の冬の風物詩といえるかもしれません。

Syojyoken


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/12/02

鎌倉紅葉速報 その2

Engakuji Daibutu Ryukoji

昨日(12月1日)の鎌倉の紅葉の様子です。
円覚寺(写真左)は、まさに紅葉真っ盛り。境内全域で紅葉を楽しむことができます。
大仏さん(写真中)も、銀杏や紅葉に囲まれて幸せそう。
鶴岡八幡宮の大銀杏は、まだ完全に色づいてないですが、腰越の龍口寺の銀杏(写真右)は、見事な黄金色に染まっていました。

その他の写真は、こちらにアップしていますので、ご覧ください。
鎌倉の紅葉12月1日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »