« 拙ブログを日経BP netで紹介いただきました | トップページ | 【発見!鎌倉にある面白いもの】その④ これは一体何でしょう? »

2007/08/06

【発見!鎌倉にある面白いもの】その③ 鎌倉の洋館

鎌倉というとお寺と神社、ビーチにハイキングコースと観光地のイメージが大きいですが、もちろんそこに住む人たちの生活の場でもあります。
特に明治・大正期は、海沿いの風光明媚な土地として移り住む人が増え、多くの別荘が建てられました。

この時期に建てられた洋館のいくつかは、今でも残っています。代表的なものをご紹介しましょう。

Kacyo Bungaku Koga


①旧華頂宮邸(写真左)
報国寺山門前の道を奥に進んだ谷に建つ旧華頂宮邸。昭和4年、華頂博信(ひろのぶ)侯爵邸として建設。

鎌倉文学館(写真中)
現在、文学館となっている建物は、旧加賀藩主前田侯爵家の鎌倉別邸として建てられた。現在の建物は、昭和11年に洋館に全面改築されたもの。

③古我邸(写真右)
鎌倉駅西口を降りた扇ヶ谷1丁目に建つ洋館。本当に「洋館」らしい洋館。
こちらは現在も個人所有。大正5年建築。

|

« 拙ブログを日経BP netで紹介いただきました | トップページ | 【発見!鎌倉にある面白いもの】その④ これは一体何でしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/16022234

この記事へのトラックバック一覧です: 【発見!鎌倉にある面白いもの】その③ 鎌倉の洋館:

« 拙ブログを日経BP netで紹介いただきました | トップページ | 【発見!鎌倉にある面白いもの】その④ これは一体何でしょう? »