« 4月の鎌倉 おすすめ散策コース | トップページ | 鎌倉・江ノ島おすすめの宿予約コーナー更新 »

2007/04/08

「ローランサン展」見てきました-鎌倉大谷記念美術館-

鎌倉大谷記念美術館は、1995年に死去した故大谷米一氏(ホテルニューオータニ前会長)を偲び、遺族を中心として創設した美術館。いわゆる大谷コレクションを中心に展示を行っています。

この美術館、冬季休館と称して冬はお休みしているのですが、今年は3月27日からオープン。現在は、開館10周年記念展示ということで「ローランサン展-麗しき乙女たちの世界-」をやってます。

マリー・ローランサンは、20世紀フランスの画家。夢とも現実ともつかぬ世界に遊ぶ少女たちを描く、彼女独特の画風で知られます。
今回の展示の中では、ローランサンの『踊る少女達』や『少女と小鳥』などもいいと思いましたが、私は織田廣喜氏の『少女像』に惹かれましたね。。。

6月16日まで開催。6月26日からは、大谷コレクションの中で最も充実している「デュフィ展」。こちらも見逃せません。

写真は美術館外観。「鎌倉大谷記念美術館」は、現在休館中です(無期限)。

050


|

« 4月の鎌倉 おすすめ散策コース | トップページ | 鎌倉・江ノ島おすすめの宿予約コーナー更新 »

コメント

私もデュフィ展とても楽しみにしてます^^

投稿: morikawa(管理人) | 2007/04/09 21:41

ローランサン展、良いですね♪
この時期に必ずやる展示物の一つですね。
6月のデュフィ展が始まると、
行きたくてウズウズしてきますw

投稿: ひこうせん | 2007/04/09 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/14610088

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローランサン展」見てきました-鎌倉大谷記念美術館-:

« 4月の鎌倉 おすすめ散策コース | トップページ | 鎌倉・江ノ島おすすめの宿予約コーナー更新 »