« 鎌倉で楽しむアート | トップページ | スゴイ地図/雑誌感覚のローカルサーチ »

2007/01/28

2月の鎌倉 おすすめ散策コース

2月になると、鎌倉の古寺の境内には、ほのかに梅が薫りはじめます。

鎌倉の梅の名所としてご紹介したいのが、東慶寺瑞泉寺荏柄天神の3ヶ所です。

■東慶寺
梅の名所と言って、まず思いつくのが北鎌倉エリアの東慶寺。
茅葺の山門をくぐると、道の両脇に紅白の梅が咲き誇っています。梅の花に「咲き誇り」という表現は変かも知れませんが、まさにそのような感じなのです!
東慶寺に行かれたら、境内の松ヶ岡宝蔵もご覧になるとよいでしょう。東慶寺は江戸時代の「駆込み寺」として知られ、女性から離婚請求のできなかった封建時代、この寺に駆け込んだ多くの女性を救いました。宝蔵には、寺宝の仏像のほか、多くの離縁状など縁切関係の古文書が収蔵されており、「駆込み寺」の歴史を伝えています。

■瑞泉寺
鎌倉の「花の寺」として知られる瑞泉寺は、四季折々の花を楽しむことができますが、早春の梅の季節が一番よいかもしれません。特に山門付近に、大粒の雪を降らせているように花を咲かせる枝垂れ梅が見事です。

■荏柄天神
学問の神様、菅原道真公を祀る荏柄天神。1月25日の筆供養(古筆や鉛筆を燃やし、学力の向上と文字の上達を祈願する行事)の時期ともなれば、本殿両脇の紅白の梅が咲き始めます。

「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」

旧暦の1月25日は、道真公が大宰府に左遷された日。その時、自邸の庭の梅の花を詠んだのが、この歌です。
ちなみに「東風(こち)」とは、東方から吹く風。本来、春の訪れを告げる風ですが、この和歌のせいか、どこか淋しさを感じる言葉です。

写真は左から、東慶寺、瑞泉寺、荏柄天神。

Toukeiji Zuisenji Tenjin


|

« 鎌倉で楽しむアート | トップページ | スゴイ地図/雑誌感覚のローカルサーチ »

コメント

ぼくあずさ様
こちらこそ、よろしくお願いします^^

投稿: morikawa(管理人) | 2007/01/28 22:56

森川 たかお 様
拙ブログ「フリューレン村だより」へのリンク、嬉しく思います。今後共、よろしくお願いします。ご活躍をお祈りします。

投稿: ぼくあずさ | 2007/01/28 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/13688166

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の鎌倉 おすすめ散策コース:

« 鎌倉で楽しむアート | トップページ | スゴイ地図/雑誌感覚のローカルサーチ »