« 鎌倉知られざる観光名所 その4勝上けん展望台 | トップページ | 北鎌倉の紅葉 »

2006/12/01

鎌倉知られざる観光名所 その5釈迦堂切通し

[この記事は昨年このブログに掲載した記事に加筆の上、再掲載しています]

鎌倉知られざる観光名所 その5釈迦堂切通しです。

ヨーロッパには、城塞都市というのがありますね。街を城壁で囲んで、敵の攻撃を防ごうと言うものです。日本では、本格的な城塞都市は出現することはありませんでしたが、これに似ているのが鎌倉であると言われています。
すなわち、北・東・西の三方を山で囲まれ、南は海に面している。。。これは確かに騎馬戦術が主流だった中世においては、かなり強固な守りだったといえるでしょう。

この城塞都市鎌倉にも当然入口があり、街道につながっています。それが、いわゆる「鎌倉7切通し」とか「鎌倉7口」とか言われるものです。山を人工的に削って、馬一頭がかろうじて通れるような細い道(切通し)を作って、いざ敵が攻めてきたときは、ここに守りの兵隊を固めて、敵の侵入を防ぐと言うものです。

ちなみに「鎌倉7切通し」とは、朝比奈化粧坂、極楽寺坂、亀ヶ谷坂、大仏坂、巨福呂坂、名越の7つを指します。あれ、じゃあ釈迦堂切通しは?と思われるかもしれません。実は、釈迦堂切通しは、鎌倉と外界を結ぶ切通しではなくて、鎌倉の中の町と町を結ぶ切通しなんですね。

でも、下の写真を見ていただければ分かると思いますが、鎌倉の切通しの中では、釈迦堂切通しはその高さといい、一番迫力があると思いますよ。よくこんなトンネルをつくったものだと感心します。

Psyakado

そういえば、以前、鎌倉紀行の読者の方から釈迦堂切通しに関して、こんな情報をいただきました。
「はじめまして。鎌倉在住の者です。鎌倉にあるハイキングコースをよく歩いています。質問なのですが、衣張山のハイキングコース祇園山ハイキングコースは、昔はつながっていたのでしょうか?
私の祖母のもっている古い鎌倉の地図には、たしかに釈迦堂の上を通るハイキングコースが書かれていました。しかし、今は、見当たりません。どうしてかわかりませんか?教えてください。お願いします。」

これについては、前にこのブログでも紹介したことがある作家の永井路子さんの著書「私のかまくら道」(かまくら春秋社刊)の109ページに、

--道はさらにすすめば釈迦堂口まで通じるらしいが、(祇園山ハイキングコースが)整備してあるのは東勝寺橋への降り口までで、まずそこで降りたほうが無難である。--

との記述があるので、私も以前、その道を探したことがあります。
が、残念ながらわかりませんでした。この本の記事が雑誌「かまくら春秋」に連載されたのが30年前。その頃すでに整備されていない状態だったということは、今ではすっかり道も消えてしまったのかも知れませんね。

※現在、浄明寺側から釈迦堂切通しへの道は立ち入り禁止の立て札が立っています。切通しを見学される方は大町側から行かれることをおすすめします。

|

« 鎌倉知られざる観光名所 その4勝上けん展望台 | トップページ | 北鎌倉の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/12895220

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉知られざる観光名所 その5釈迦堂切通し:

« 鎌倉知られざる観光名所 その4勝上けん展望台 | トップページ | 北鎌倉の紅葉 »