« 秋の風物詩「面掛行列」 | トップページ | 浜松旅行記その1 方広寺の宿坊に泊まる »

2006/10/01

10月の鎌倉 おすすめ散策コース

朝晩はすっかり涼しくなり、いよいよ秋だなあと感じますね。

秋といえば紅葉ですが、鎌倉の紅葉は11月も下旬にならないと本格的に色付きません。
紅葉はもう少し先のお楽しみということで、10月は秋の花巡りをしましょう。

10月の花といえば秋桜(コスモス)と彼岸花(ヒガンバナ)。
日本の秋に欠かせない秋桜は、意外なことにメキシコ原産で、江戸末期に日本に到来したのだそうです。コスモスという言葉はカオス(混沌)の反対語で、秩序と調和を意味し(さらに発展して宇宙も指す)、調和のとれた花ということで、この花をコスモスと呼ぶようになったのだそうです。

大船観音寺や北鎌倉の東慶寺でも美しい秋桜を見ることができますが、私がお勧めしたいのが衣張山。山頂付近に、まさに野生の姿で咲き乱れる秋桜の群生を見ることができます(写真は衣張山のコスモス)。

Photo_11


一方、赤い炎のような花を咲かせる彼岸花(ひがんばな)は、別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれており、市内を散策していると、いたるところで見ることができます。

Photo_14


そうそう。衣張山のふもとの報国寺では、秋に花を咲かせる珍しい10月桜をみることができますので、こちらにも是非立ち寄ってみてください。

|

« 秋の風物詩「面掛行列」 | トップページ | 浜松旅行記その1 方広寺の宿坊に泊まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46331/12112072

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の鎌倉 おすすめ散策コース:

« 秋の風物詩「面掛行列」 | トップページ | 浜松旅行記その1 方広寺の宿坊に泊まる »