« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/29

デジカメ購入 そして・・・

10月17日の記事で書いたのですが、ビックカメラでPCを買ったときについたポイント、25000円分を原資にデジカメを購入しちゃいました。

買ったのは、CanonのPowerShot S3 IS
販売価格は48000円でしたが、今まで使用していたカメラの下取り3000円とポイント25000円を使用したので、実質20000円で購入したことになります(安い!)。

PowerShot S3 ISは、機能といいデザインといい、この価格帯のカメラでは最高でしょうね。

早速、新しいカメラを片手に撮影にお出かけ。出かけた先はというと・・・。
昨年クルマを買ってちょうど1年点検の時期だったので、夕方いつもお世話になっているBMWのディーラーに立ち寄りました。
そしてショールームの中を探すと・・・。ありました! まだ出たばっかりのZ4クーペ。スポーツクーペらしい精悍な顔立ちとラグジュアリー感漂う内装。運転席に腰掛けると小さめなステアリング、本皮張りのシートもなかなかよい。
あれ、なんかデジカメの話がクルマの批評サイトみたいになっちゃった。

営業の方にお願いして、ちゃんと記念撮影もしてきましたよ。







Z4

Z4_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/28

11月の鎌倉 おすすめ散策コース 鎌倉紅葉の名所ベスト3

鎌倉の本格的な紅葉シーズンは11月下旬からですが、そろそろ散策プランなど練り始めている方もいらっしゃると思いますので、鎌倉の紅葉の名所をご紹介しましょう。

その1 円覚寺
まずは北鎌倉の紅葉の名所円覚寺。鎌倉五山第二位の円覚寺の広大な境内では、随所で紅葉を楽しむことができます。古刹の伽藍と紅葉が織り成す刹那の美の世界。日本に生まれてよかったなと思いませんか。

e-1 e-2 e-3
e-4 e-5 e-6

その2 瑞泉寺
さて、鎌倉紅葉の名所その2は、瑞泉寺。鎌倉の北部は、ちょうど指を開いて手のひらを伏せたような地形になっていて、山の尾根が南側に突き出たようになっています。指と指の間にあたる部分を「谷戸」(「やと」)または「谷」(「やつ」)と呼んでおり、谷の奥はお寺の境内になっていることが多いのですね。

瑞泉寺は、鎌倉で最も奥に位置する谷に境内があるため、駅からはちょっと遠いですが、その分とても静かな落ち着いた佇まいのお寺です。しかも山号の「錦屏山(きんびょうざん)」や境内の地名の「紅葉谷(もみじがやつ)」が示すとおり、紅葉がとても美しい桃源郷でもあります。

e-z1
ただ残念なのは、瑞泉寺境内裏手の山上にある偏界一覧亭(へんかいいちらんてい)が現在は公開されていないことですね。ある文献によれば、偏界一覧亭には、その昔天下の名僧たちが集まり、度々詩の会を催し、四季折々の自然は誠に素晴らしく、ことに紅葉は「楓林ことごとく赤し」といわれるものだったそうです。

瑞泉寺の紅葉が本格的に楽しめるのは12月になってから。


その3 獅子舞の谷
鎌倉の紅葉の名所の真打といえば獅子舞の谷。かつては「知られざる紅葉の名所」とか「紅葉穴場スポット」とかいわれていましたが、最近では雑誌などでも紹介されるようになり随分有名になってしまいました。

鎌倉駅から大塔宮行きバスに乗り、終点「大塔宮」で下車。ここからほど遠くない永福寺跡から北に向かい、二階堂川の源流を辿るように山道に分け入っていきます。しばらく行くと斜面が少し広くひらけている場所に出ます。ここがいわゆる獅子舞の谷。地名の由来は、うずくまった獅子のような形をした岩がごろごろ転がっているから。

普段は何のことは無い山道なんですが、晩秋ともなると、イチョウの葉が舞い落ちて一帯は黄金の絨毯が敷き詰められたようになり、銀杏(ギンナン)の実が時々頭上から降ってきては、岩にあたって「ポン」という不思議な音を放ちます(銀杏は臭いも少々きつい)。

そして上を見れば、周囲は燃えるように赤く染まった紅葉。なんだか不思議な世界に迷い込んでしまったような気がします。

この獅子舞の谷からちょっと山道を登ると天園ハイキングコースの尾根道にぶつかり、天園休憩所はすぐそこ。温かい飲み物を飲みながら下の方を見てみると、獅子舞の谷の部分だけが黄金色に包まれています。

e-s1 e-s2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/25

写真提供

映画のロケ地を紹介する雑誌「ロケーションジャパン」のHPに写真を提供させていただきました。
鎌倉駅西口の時計台と江ノ電の駅の写真です。


「タイヨウのうた」という映画は見たことがなかったです・・・。
今度DVDで見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

新しいPC買っちゃいました・・・。

新しいパソコン買っちゃいました・・・。
というのは、最近、自宅で画像処理したりすることが多くて、今までのパソコンだとちょっと辛くなってきてたんです。
で、買ったのは、富士通のFMV CE80T7。私はパソコンでテレビを見ることはないのでTVチューナーは必要ないし、あくまでもCPUの性能重視(Pentium D)で、20万円を切るお買い得モデルということでこれを選びました(メモリは増設して1GBに増やしましたけど)。

Pc1

Pentium Dというプロセッサは、いわゆるデュアルコアCPUで、1チップに2つのCPUコアを搭載することで、処理能力を飛躍的にアップさせているわけです。実際に重たいアプリを複数上げたままで作業してみても、たしかにあまりストレスを感じません。

おまけにビックカメラのポイントもだいぶ付いたし・・。新しいデジカメでも買っちゃおうかな。

Pc2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/10/16

浜松旅行記その2 美味しいものを食べ歩く

さて、方広寺を後にして我々が向かったのが、方広寺からほど遠くない竜ヶ谷洞(りゅうがしどう)という鍾乳洞。結構奥の深い洞窟で、中はヒンヤリ。地底に流れ落ちる滝や神秘的な鍾乳石の部屋などもあり、なかなか見ごたえがありました。

洞窟を出た後は、浜名湖名物「うなぎパイ」の工場を見学。工場の中のカフェサロンで、うなぎパイをアレンジしたスイーツなど食べてしまいました。
Photo_16

ところで、うなぎパイは「夜のお菓子」という別名がついてますがどういう意味か知ってます? 正解は「家族団らんの時間に食べていただきたいお菓子」という意味が込められているそうです。結構、誤解している人多くありませんか(笑)。

工場見学を終え、最後に向かったのが、舞阪駅近くの天然うなぎが食べられる店「山本亭」さん。「浜名湖天然うな重定食」(並)がなんとたったの1700円!
出てきたうな重を食べると、これは旨い!の一言。天然うなぎは養殖ものと違って、すごく身がしまっていてへんな脂っこさがない。ついでに食べている餌が違うせいか、皮がやや黄色っぽくてやわらかい。うなぎが苦手という人もこれなら美味しく食べられますよ。Photo_17

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浜松旅行記その1 方広寺の宿坊に泊まる

先週の3連休を利用して、静岡県の浜松まで会社の仲間とツーリングに行ってきました。
今回のプランは、お寺(方広寺)の宿坊に一泊し座禅を組ませてもらった後、浜名湖名産「うなぎパイ」の工場を見学し、最後にきわめつけの浜名湖で獲れた天然物のうなぎを食べようというもの。

まずは日曜日の夕方、東京から東名高速を一路浜松方面へ。方広寺へは、東名「三ヶ日」インターを利用します。

方広寺はとても由緒あるお寺で、鎌倉の建長寺の半僧坊は、方広寺の奥山半僧坊を勧請したものです。

さて、宿坊(お寺の泊まる施設)を利用するのは今回が初めてなので、どのようなところかと思いきや、部屋は普通の旅館と変わりありませんでした(当然、布団の上げ下ろしなどは自分たちでやらなければならないんですけど)。これで、朝食がついて4000円(夕食の精進料理もつけると6000円)なら結構安いなと思いました。

翌朝は5時30分に起床して、半僧坊真殿で祈祷をして頂き、その後、ちょこっとだけ座禅を組ませてもらいました。

朝食を頂いた後、境内を見学。半僧坊や美しい三重塔を見学して、お寺を後にしました。
Photo_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

10月の鎌倉 おすすめ散策コース

朝晩はすっかり涼しくなり、いよいよ秋だなあと感じますね。

秋といえば紅葉ですが、鎌倉の紅葉は11月も下旬にならないと本格的に色付きません。
紅葉はもう少し先のお楽しみということで、10月は秋の花巡りをしましょう。

10月の花といえば秋桜(コスモス)と彼岸花(ヒガンバナ)。
日本の秋に欠かせない秋桜は、意外なことにメキシコ原産で、江戸末期に日本に到来したのだそうです。コスモスという言葉はカオス(混沌)の反対語で、秩序と調和を意味し(さらに発展して宇宙も指す)、調和のとれた花ということで、この花をコスモスと呼ぶようになったのだそうです。

大船観音寺や北鎌倉の東慶寺でも美しい秋桜を見ることができますが、私がお勧めしたいのが衣張山。山頂付近に、まさに野生の姿で咲き乱れる秋桜の群生を見ることができます(写真は衣張山のコスモス)。

Photo_11


一方、赤い炎のような花を咲かせる彼岸花(ひがんばな)は、別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれており、市内を散策していると、いたるところで見ることができます。

Photo_14


そうそう。衣張山のふもとの報国寺では、秋に花を咲かせる珍しい10月桜をみることができますので、こちらにも是非立ち寄ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »