« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/26

鎌倉紅葉の名所-その3 獅子舞-

鎌倉の紅葉の名所の真打といえば獅子舞の谷
かつては「知られざる紅葉の名所」とか「紅葉穴場スポット」、「鎌倉の秘境紅葉スポット」とかいわれていましたが、最近では雑誌などでも紹介されるようになり随分有名になってしまいました。

鎌倉駅から大塔宮行きバスに乗り、終点「大塔宮」で下車。
ここからほど遠くない永福寺跡から北に向かい、住宅地を抜けて、二階堂川の源流を辿るように山道に分け入っていきます。
しばらく行くと斜面が少し広くひらけている場所に出ます。ここがいわゆる獅子舞の谷。地名の由来は、うずくまった獅子のような形をした岩がごろごろ転がっているから。

普段は何のことは無い山道なんですが、晩秋ともなると、イチョウの葉が舞い落ちて一帯は黄金の絨毯が敷き詰められたようになり、銀杏(ギンナン)の実が時々頭上から降ってきては、岩にあたって「ポン」という不思議な音を放ちます(銀杏は臭いも少々きつい)。

Es1


そして上を見れば、周囲は燃えるように赤く染まった紅葉。なんだか不思議な世界に迷い込んでしまったような気がします。

Es2


この獅子舞の谷からちょっと山道を登ると天園ハイキングコースの尾根道にぶつかり、天園休憩所はすぐそこ。
温かい飲み物を飲みながら下の方を見てみると、獅子舞の谷の部分だけが黄金色に包まれています。

★鎌倉のハイキングコース イラストマップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

鎌倉紅葉の名所-その2 瑞泉寺-

今日は、東京の有楽町に用があり車で出掛けたのですが、内堀通りを走っていると、皇居の周りの紅葉もだいぶ綺麗に色付いていましたね。

さて、鎌倉紅葉の名所特集第二弾は、瑞泉寺
鎌倉の北部は、ちょうど指を開いて手のひらを伏せたような地形になっていて、山の尾根が南側に突き出たようになっています。
指と指の間にあたる部分を「谷戸」(「やと」)または「谷」(「やつ」)と呼んでおり、谷戸の奥はお寺の境内になっていることが多いのですね。

瑞泉寺は、鎌倉で最も奥に位置する谷戸に境内があるため、駅からはちょっと遠いですが、その分とても静かな落ち着いた佇まいのお寺です。
しかも山号の「錦屏山(きんびょうざん)」や境内の地名の「紅葉谷(もみじがやつ)」が示すとおり、紅葉がとても美しい桃源郷でもあります。

Ez1


ただ残念なのは、瑞泉寺境内裏手の山上にある偏界一覧亭(へんかいいちらんてい)が現在は公開されていないことですね。
ある文献によれば、その昔、偏界一覧亭には、その昔天下の名僧たちが集まり、度々詩の会を催し、四季折々の自然は誠に素晴らしく、ことに紅葉は「楓林ことごとく赤し」といわれるものだったそうです。

瑞泉寺の紅葉が本格的に楽しめるのは12月になってから。
見頃は、12月10日前後になることが多いです。

本堂裏手にある、夢窓国師作庭と伝わる石庭は、ぜひ忘れずに拝観していってください。

★鎌倉・江ノ島のお店、お土産情報

★鎌倉のグルメ・口コミ・お得なクーポン情報など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

鎌倉紀行 満員御礼

今日は、読者の皆様に感謝です。
紅葉シーズンということもあり、昨日、今日と私のホームページ「鎌倉紀行」の一日の入場者数が800アクセス以上を頂いております。より一層の内容の充実を図ってまいりますので、今後ともよろしくお願いします。
このブログ時雨日記のほうも昨日は一日200アクセス頂きました。

また、鎌倉紀行については、googleの「鎌倉」での検索結果が7位になっていますね。こちらもうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

鎌倉紅葉の名所-その1 円覚寺-

間もなく鎌倉にも本格的な紅葉シーズンが訪れます。
鎌倉の紅葉の見頃は、例年、11月下旬~12月上旬です。
源氏山などは比較的色づきはじめるのが早く、最も遅いのは瑞泉寺などで、12月も10日頃になってようやく見頃になります。

さて、今日から、鎌倉の紅葉の名所を何ヶ所かご紹介していきたいと思います。

まず、最初にご紹介するのは、北鎌倉の紅葉の名所・円覚寺
鎌倉五山第二位の円覚寺の広大な境内では、随所で紅葉を楽しむことができますが、特に紅葉が美しいのは、山門の周辺と、妙香池のあたり。
古刹の伽藍と紅葉が織り成す刹那の美の世界。
日本に生まれてよかったなと思いませんか。

以下の写真は、一昨年の円覚寺の紅葉です。
陽射しを燦燦と受けて赤く映える紅葉ももちろん良いですが、雨に濡れてしっとりとした紅葉というのも乙なものです。

E1_2

E2_2

E3_2

E4_2

E5_2

E6_2

★鎌倉の観光情報を探すなら 鎌倉観光名所検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉にある面白いもの その5-鎌倉の家-

面白いといってはちょっと失礼かも知れませんが、鎌倉には個性的な家がたくさんあります。

今日とりあげるのは、入口を入るのが大変そうという家。

たとえばこの写真の家、崖をくりぬいたトンネルが門になっています。
赤い新聞受けがなければ民家の門だと気付かないかも知れませんね。
しかも、ちょっと頭をかがめて通らないと、頭をぶつけてしまいそうな気がしますが。。。

Ie_2


それから江ノ電の沿線に多いのが、門を出ても線路を渡らないと道路に出れないという家。
踏み切りを付いてないので、いくらのんびり走る江ノ電とはいえ少々怖い気もしますが、慣れればどうってことないのでしょうね。

Ie2


江ノ電・和田塚駅前にある、「無心庵」という甘味処も、線路をまたがないとお店に入れません。

★鎌倉・江ノ島のお店、お土産情報

★鎌倉のグルメ・口コミ・お得なクーポン情報など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

鎌倉にある面白いもの その4-お城の門?お寺の門?-

まだまだ続きます鎌倉にある面白いものシリーズ。
まずは、写真をご覧ください。

Onari


何に見えます?
一見すると、お城の門か、どこかのお寺の門に見えますが、実はこれ、鎌倉駅西口にある、御成小学校(おなりしょうがっこう)という小学校の門。
こんなところも、ちょっと鎌倉っぽいと思いませんか。
ちなみに、「御成」という地名の由来は、以前、このあたり一帯が皇室の御用邸だったことから。

このような形の門は冠木門(かぶきもん)といって、十二所(じゅうにそ)の明王院というお寺の門も同じ形式ですね。

Pmyoouin

★鎌倉・江ノ島のお店、お土産情報

★鎌倉のグルメ・口コミ・お得なクーポン情報など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

鎌倉にある面白いもの その3-水戸黄門お手植えの花-

寒い季節に花を咲かせる、珍しい冬桜。
推定樹齢300年のこの木は、かの水戸黄門こと水戸光圀公お手植えとのこと。
瑞泉寺境内でみることができます。

Fuyusakura

★鎌倉の観光情報を探すなら 鎌倉観光名所検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

鎌倉にある面白いもの その2-インド風の建物-

さて鎌倉にある面白いものシリーズ第2回目。
この写真なにか分かります?

Ryukouji


なんだか東南アジアかインドの寺院の建物のようですが・・・。

実は、龍口寺の仏舎利塔です。昭和45年(1971)竣工。
仏舎利というのはお釈迦さまの骨のことで、仏舎利を納めておくのが仏舎利塔です。
龍口寺の仏舎利塔は本堂の裏手の山上に建っており、ここから江ノ島方面の眺めはとてもいいですよ。

★管理人おすすめ!鎌倉 観光ガイドブック 鎌倉好きの人におすすめしたい本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

鎌倉にある面白いもの その1-さざれ石-

今日から何回かは、鎌倉にある面白いものと題して、「へー、鎌倉にこんなものがあるんだ」 というものをご紹介していきたいと思います(ちょっと手抜き企画)。

一回目は、「さざれ石」。
国歌「君が代」に、

”さざれ石の巌となりて・・・”

という歌詞がありますが、「さざれ石」って何だ?と思いながら、何のことか分からず歌っている方が多いと思います。

実は、そのさざれ石が鶴岡八幡宮の境内にあるんですね。

Sazareisi


学名を「石灰質角礫岩(せっかいしつかくれきがん)」というそうで、国歌に唄われているように、実際に周囲の小石を凝結しながら大きく成長していくそうです。

鶴岡八幡宮に行ったら、探してみてくださいね。

★管理人おすすめ!鎌倉・江ノ島 特選の宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

私のホームページ「鎌倉紀行」について

トップページをマクロメディアのFlashで作成しようとか、アニメーションを使って動きのあるページにしよう、といったことは、ホームページを運営している人なら誰でも考えることだと思います。

私もいろいろ考えてみたことはあるんですが、私の「鎌倉紀行」は、観光サイトという内容の性格上、いろいろな年齢層の方が見ますし、誰でも分かり易く操作できないとまずいと思うんですね。そういう意味で、シンプルにHTMLだけで(JAVAスクリプトすら最初は使っていましたがやめました)で作成しています。

ただしその分、トップページのデザインをリニューアルしたりとか、写真やコンテンツの入れ替えをもう少し頻繁に行うなどの努力はしていきたいです(最近、なかなか時間が取れない・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

鎌倉おすすめ観光マップ・ハイキングコースマップ

もうすぐ紅葉の季節。折角鎌倉を訪れるなら紅葉だけではなく、由緒あるお寺やその他の史跡も見て回りたいですよね。

効率よく観光名所を見て回るのに手放せないのが観光マップやハイキングコースマップ。
おすすめの観光マップは?どこで手に入るの?といった質問を良く受けます。

『まっぷる』(昭文社)や『るるぶ』(JTB)といった雑誌に付いている地図は、雑誌から切り離して使えるようになっていて便利ですね。しかも地図はロードマップのように非常に正確で、かなり細い道まで書かれています。
ただ、この手の地図は、名所の所に雑誌本文のページが記載されていて、本文を参照しないとどのようなお寺なのか、どのような史跡なのかといったイメージが湧かないという欠点があるので、ちょっと大きめサイズの雑誌も一緒に待ち歩かなければなりません。

そこで私がお勧めしているのがイラストマップ。
例えば北鎌倉の円覚寺門前で売られている『古都鎌倉てくてくまっぷ』(てくてくまっぷ社)は、地図こそそれほど正確ではありませんが、各寺の見所が絵と文字で簡潔に描かれていて見ているだけでとても面白い内容になっています(ただ、浄妙寺がいまだに茅葺屋根のイラストで描かれていたりするので、改版して欲しい・・・)。

Tekuteku

さらに最近では、鎌倉市観光協会が、『鎌倉ウォッチング』というイラストマップ付きの小冊子を発売しました。こちらのマップもとてもよく出来ていますし、お勧め散策コース、花暦などが簡潔にまとめてある小冊子も、ポケットに入るサイズで持ち歩きに不便しませんので、お勧めです。

Whaching


私が作ったイラストマップは無料です(笑)。A4サイズに印刷できるので、持ち歩きも便利です。

鎌倉ハイキングコース・観光名所 イラスト地図

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »